FNSで中山美穂(ミポリン)「ただ泣きたくなるの」で涙

この記事は2分で読めます

2015年12月2日に放送されたフジテレビ系「2015FNS歌謡祭」で中山美穂ことミポリンが、あの名曲を披露した。

今年のFNS歌謡祭は「名曲だらけの豪華コラボレーション祭り!」がテーマ。

 

スポンサーリンク


 

一度オファーを断るも、中山美穂(ミポリン)出演

 

中山美穂(ミポリン)といえば、辻仁成との離婚でしか聞いたことがないという人もいるかもしれないが、レコード&CD総売り上げが1700万枚を超えるほどの大人気歌手でもある。

 

人気ドラマ「逢いたい時にあなたはいない…」(1991年)、「眠れる森」(98年)に主演するなど同局と縁が深いことから、9月ごろに制作側が「歌手デビュー30周年の節目に、ぜひ出演していただきたい」とラブコールを送った。

1985年に、シングル「C」でアイドル歌手デビューですよ。 あの頃のアイドルを、清純派とつっぱり派で分けたら、中山美穂は完全につっぱり派でしたね。

99年のシングル「Adore」を最後にCDを発売していない中山は、オファーに驚き、当初は「無理でしょう」と断ったという。 ただ、今年6月に30周年を迎え、7月には記念ボックスが発売されるなど、アーティスト時代を振り返る機会が増え、「やはり歌うことがとても好きだし、いろいろ思い描いているうちに『やってみたい』と思うようになりました」と決意した。

スポンサーリンク


1995年公開の映画『Love Letter』は話題になりましたね。 この映画で、当時は歌手のイメージが強かったミポリンが、女優、中山美穂で認められたような感じでした。 その後も、ドラマや映画で大活躍して、次第に歌手活動は縮小していました。

同番組への出演は、パリのオペラ座の館内やバルコニーで「未来へのプレゼント」を歌った96年以来、19年ぶり10度目。 音楽番組の出演も、97年の同局系「TK MUSIC CLAMP」以来、18年ぶりとなる。

ミポリンの歌を、もっと聞きたいというファンは多かったと思う。 オファーを断られなくて本当によかった。

 

FNSであの名曲を歌った

 

ミポリンが黒っぽいロングドレスで登場! 美貌は昔と変わらず綺麗です。でも、ちょっと緊張気味。

 

「世界中の誰よりきっと」「ただ泣きたくなるの」の2曲を披露した。

 

「世界中の誰よりきっと」は、WANDSと歌ってほしかった。

 

2曲目の「ただ泣きたくなるの」の歌いだしで、すでに目がうるうるしている。 今の心境とシンクロして感極まったか! 泣きそうなのを必死でこらえながら、なんとか歌いきった。

 

 

まとめ

 

ミポリンは昔と全然変わっていなかった。 もっと、歌番組に出演してほしいと願う。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。