咲丘恵美から略奪婚した越智千恵子はおちまさとと離婚

この記事は2分で読めます

総合プロデューサーのおちまさと氏(49)とタレントの越智千恵子(28)が離婚したことをブログで発表した。

いったい、何があったのだろうか?
おちまさと氏、越智千恵子(現在、河辺千恵子)、咲丘恵美の3人にスポットをあてて調べてみた。

まずは、簡単に各3人のプロフィールからみていこう。

スポンサーリンク

プロフィール

 

おちまさと

 

大活躍中の人気プロデューサー。 20歳の時に『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ)の企画「放送作家予備校」オーディションに合格。

「放送作家予備校」から、池田一之や田中直人、そーたになど放送作家もこの企画から誕生しており、その後、たくさんの人気番組を担当した。

おちまさとは、放送作家だけではなく、活動の幅をどんどん広げて行く。

人気テレビ番組やWEBサイトを始め、数多くの企業ブランディングやコラボ企画のプロデュースを手掛けたり、デザイン、音楽プロデュース、作詞、ラジオパーソナリティー、CM監督、本の執筆、講演活動など、その活躍は多岐に渡る。

2006年あたりから、妻の咲丘恵美と離婚協議に入る。

2007年に離婚成立。

2008年8月8日、北京オリンピック開催日に、河辺千恵子と再婚。

2010年5月21日、第一子となる女児が誕生した。 2015年11月21日、越智千恵子と離婚。

 

 

咲丘恵美(さきおか めぐみ)

 

D.U.O.ディレクター/美容家 日本エステティック協会認定エステティシャン資格をもつ。

D.U.O.ブランドの商品開発・研究、セミナー活動などを行っている。

2006年、おち氏から一方的に離婚を言い渡され全く話し合いをさせてもらいず、納得いかない咲丘恵美さんは離婚協議をはじめる。

結局、離婚成立まで1年かかり、心労でひどくやせてしまう。

 

 

越智千恵子

 

ファッション雑誌「ラブベリー(徳間書店)」の専属モデル 2004年『be your girl』で歌手デビュー。

テレビアニメ「エルフェンリート」のエンディング。

おち氏と咲丘恵美の離婚原因は、この人にあったと言われている。

そして、越智千恵子の略奪婚。 2009年4月4日に結婚披露宴をFENDI婚としてFENDI表参道店で行った。 一気にセレブママタレントへ。

結婚を機に独学で料理を始め、レシピ本『旦那さん弁当』を発売。 2010年5月に女児を出産。 2015年11月21日、おち氏と離婚。

 

スポンサーリンク


 

離婚原因は何?

 

越智千恵子ブログでは以下のようにコメントしている。

私、越智千恵子はおちまさとさんと 先日二人で話し合いの結果 すべて円満に合意し、離婚致しました。

娘は父親の強い希望により 父おちまさとさんが育てる事となりました。 普通、母親でしょう!

おちまさと氏の強い希望というより、絶対譲らず、我を通したというところか。

これまでの経緯を見ればわかるよ。 まあ、円満に解決したなら、よかったんじゃないの。

咲丘恵美さんとは、円満じゃなかったんだから。 結局、離婚原因はわかりませんでした。

咲丘恵美ブログで何か書いているか?と思い見てみると、 「007スペクター リミテッドエディション」発表パーティに行った話しだけでした。

 

まとめ

 

離婚の原因はわからないが、3人ともそれぞれ自分の歩む道が決まったのだからよかったのではないだろうか。

結婚という縛りがなくなり、これからは自由に活動ができますね。

もう、結婚はコリゴリか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。