キーンランドカップ2016の展開とペース予想!先行馬が勝つ?

この記事は3分で読めます

キーンランドカップは札幌芝1200m・G3です。

 

前半3Fタイムを予想して、レース展開とペースを予想してみました。

 

先行有利な札幌コースですが、今年はどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

過去レースのタイム&ラップ

 

キーンランドカップ過去レースの勝ちタイム、ラップ、前後3Fタイム、1着・2着の脚質のデータです。

 

過去データから傾向を調べてみました。

※2013年は函館開催なので省略

 

2015年

 

1.08.6

12.1 – 10.6 – 11.3 – 11.8 – 11.4 – 11.4

34.0 – 34.6(標準的なペース)

1着:差
2着:追

 

2014年

 

1.09.0

11.9 – 10.8 – 11.4 – 11.5 – 11.5 – 11.9

34.1 – 34.9(標準的なペース)

1着:差
2着:差

 

2012年

 

1.07.6

11.9 – 10.5 – 11.1 – 11.5 – 11.3 – 11.3

33.5 – 34.1(速いペース)

1着:逃
2着:先

 

2011年

 

1.08.6

11.8 – 10.3 – 10.9 – 11.5 – 11.8 – 12.3

33.0 – 35.6(超ハイペース)

1着:先
2着:先

 

2010年

 

1.08.4

12.0 – 10.6 – 11.1 – 11.4 – 11.6 – 11.7

33.7 – 34.7(速いペース)

1着:先
2着:先

 

過去レースのペース傾向

 

以上のデータから傾向を探ってみたいと思います。

 

前半3Fを34秒の標準的なペースで流れた2014年と2015年は差しタイプの馬が好走しています。

 

逆に速いペースとなった2010年~2012年は逃げ・先行タイプが好走しています。

 

先行タイプの馬にとって前半のペースが速かろうが遅かろうが、最後の上がりタイムはあまり変化はみられません。

 

なので、前半で飛ばしたほうが全体のタイムが速くなり後ろから行く馬が追い付けないという結果になっているように見受けられます。

 

 

前半3Fのタイム予想

 

キーンランドカップの出走予定馬を予想タイム(前半3F)の速い順に並べました。(良馬場想定)

 

記載内容は、

—-

出走予定の馬名

ポジションの予想範囲

前半3Fのタイム予想範囲

—-

となっています。

 

アクティブミノル

1-4
33.5-34.0

シュウジ

1-4
33.5-33.9

ソルヴェイグ

2-4
33.5-34.0

セカンドテーブル

2-4
33.5-33.9

エポワス

5-7
33.8-34.3

サトノルパン

5-8
33.8-34.3

レッツゴードンキ

5-7
33.9-34.2

オデュッセウス

7-9
34.1-34.3

オメガヴェンデッタ

7-12
34.2-34.5

ナックビーナス

7-12
34.2-34.5

ファントムロード

7-12
34.2-34.9

ブランボヌール

7-12
34.4-34.8

サドンストーム

10-14
34.5-34.9

ホッコーサラスター

10-14
34.6-35.0

 

 

スポンサーリンク


 

キーンランドカップの展開とペース予想

 

キーンランドカップの展開を考えてみたいと思います。(良馬場を想定しています)

 

前のほうに行きそうなのが、アクティブミノル、シュウジ、ソルヴェイグ、セカンドテーブルの4頭だとみている。

 

他にも先行したい馬はいるだろうが、テンの速さは、この4頭が抜けている。

 

参考になるのが、函館スプリントステークス。

 

大外のソルヴェイグが2番手につけ、アクティブミノル、シュウジと続き33.5~33.8のペースで上り坂の函館を先行したことから、札幌ならもう少し速いタイムがでるかもしれない。

 

セカンドテーブルはUHB賞(札幌1200m)で33.7のペースで2番手につけ3着にきているので、今回も同じくらいのペースで先行しそうです。

 

この4頭が先行争いをしたとき、前半3Fが34秒台になるとは考えにくい。

 

間違いなく33秒台に突入し、速いペースになると思われる。

 

ソルヴェイグ、セカンドテーブルは逃げて結果を残したことがないので、無理して逃げるとは思えないので、逃げるのは、アクティブミノルかシュウジだろうと思う。

 

どちらかが内枠寄りを引いたら、逃げる可能性が高いと思います。

 

いずれにしても、この4頭の中から勝ち馬がでる可能性は高いと予想しました。

 

展開は、こんな感じになるかと思います。(あくまで暫定。枠順決まったら変更します)

 

[逃げ]
アクティブミノル、シュウジ

 

[先行]
ソルヴェイグ、セカンドテーブル、エポワス、サトノルパン、レッツゴードンキ

 

[差し]
オデュッセウス、オメガヴェンデッタ、ナックビーナス、ファントムロード

 

[追い込み]
ブランボヌール、サドンストーム、ホッコーサラスター

 

関連記事:キーンランドカップ2016の傾向は?好走条件にビッタリの馬は?

 

 

キーンランドカップのポイント

 

ペース予想:ハイペース

 

逃げ・先行が有利な展開になる

 

追い込みタイプは馬券圏外

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。