8月21日のWIN5予想!札幌記念や北九州記念は何が来る?

この記事は4分で読めます

SUMMER WIN5は4回目となりました。

少ない買い目で完全的中するという夢を追いかけてきましたが、やっぱり当たらないですね~

恥を忍んで予想印を増やしてみました。

スポンサーリンク

第1戦 15:25発走

 

小倉11R 北九州記念 G3 芝1200m

 

まずは買い目候補から!

オウノミチ、プリンセスムーン、ジャストドゥイング、ベルカント、ラヴァーズポイント、ローズミラクル、フルールシチー(除外)

 

買い目の根拠は、こちらの記事をみてください。

北九州記念2016のペース予想!先行有利な展開になる?

 

普通に考えればベルカントですけど、ハンデ戦ということもあり思わぬ伏兵がくる可能性も考えておきたいところ。

 

CBC賞(中京・1200m)だって、ラヴァーズポイントはベルカントに先着してますからね。56kgと51kgのハンデ差を考えれば、ベルカントに絶対的な信頼はおけません。

 

なるべく買い目を広げたほうがよいかと思います。

 

馬場の荒れた内側を先行しそうなベルカントよりも、外枠の先行馬を優勢にとりたい。実際に買いたいのは上位2頭まで。あとは買い目に余裕があれば追加したい。

 

◎13 ラヴァーズポイント

○5 ベルカント

▲8 オウノミチ

△12 ジャストドゥイング

△10 フルールシチー(除外)

△11 プリンセスムーン

 

 

第2戦 15:35発走

 

新潟11R NST賞 OP ダート1200m

 

先行有利な展開になると予想しました。

 

買い目の根拠は、こちらの記事をみてください。

 

NST賞2016の展開と前半3Fタイム予想!ペースはどうなる?

 

こちらもハンデ戦なので、なるべく買い目を広げたいですね。

 

先行できそうな馬をピックアップしました。

 

以下、買い目の候補です。

 

キャプテンシップ、ポメグラネイト、ナンチンノン、エイシンローリン、ドリームドルチェ、ワディ、ダッシャーワン、カジキ、ゴーイングパワー

 

エイシンローリンは1600万も突破して普通に考えればこの馬なんでしょうが、馬体重が個人的には気になります。

 

それなら、2走前の新潟1200mダートを1分10秒台で走れたドリームドルチェを評価したい。前走からの上積みと、57⇒52kgは魅力。

 

印の上位4頭は最低でもおさえておきたいと思います。

 

◎9 ドリームドルチェ

○1 エイシンローリン

▲4 ワディ

△7 ゴーイングパワー

△13 ナンチンノン

△11 カジキ

△8 ダッシャーワン

 

 

第3戦 15:45発走

 

札幌11R 札幌記念 G2 芝2000m

 

逃げ馬タイプがいないので全体のペースは速くなることはないと思います。

 

日曜の天気予報は雨で時計のかかる馬場になりそうです。

 

高速馬場で結果がでなかった馬の巻き返しに注意が必要です。

 

ただでさえ札幌2000mは先行有利なコースなのに、展開と馬場も先行有利に傾きそうです。

 

以下、買い目の候補です。

 

モーリス、ヌーヴォレコルト、ハギノハイブリッド、ダンツキャンサー、レインボーライン、ヤマカツエース、レッドソロモン

 

買い目の根拠は、こちらの記事をみてください。

札幌記念2016の展開とペース予想!モーリスは2000m大丈夫?

 

◎15 モーリス

○1 ヌーヴォレコルト

▲2 レインボーライン

△7 ヤマカツエース

△3 ハギノハイブリッド

△12 レッドソロモン

 

上位3頭で勝負したい。他はおさえ。

 

 

第4戦 16:05発走

 

小倉12R 3歳上・500万下

 

先行有利な小倉ダート1700m。500万クラスなら特に前残りを狙いたい。

 

展開は、イェドプリオルかヨドノナイトが逃げて、アドマイヤデライト、レッドジェイド、カフジナイサー、エイシンナセルが先行する形となるとみています。

 

イェドプリオルとヨドノナイトは、どちらの馬も逃げたほうがよい成績を残していますが最近逃げれず結果が出ていません。2枠のイェドプリオルと5枠のヨドノナイトの枠順となり、ヨドノナイトは逃げれない可能性もあり評価を落としました。

 

エイシンナセルはすでに500万クラスは勝っているし、今回の相手なら前のほうにポジションとれるとみて評価をあげました。

 

ソリティールは怖い存在なので、ここまでおさえました。

 

◎3 イェドプリオル

○13 エイシンナセル

▲7 アドマイヤデライト

△9 ヨドノナイト

△8 カフジナイサー

△10 ソリティール

 

スポンサーリンク


 

 

第5戦 16:15発走

 

新潟12R 牝馬・3歳上・500万下

 

新潟1000mは直線のみのスプリント戦です。

 

500万クラスをなかなか勝ちきれないメンバーがそろい、1000m経験も少なく、難解なレースとなりました。

 

軽い斤量で走れる馬は注意しておきたいですね。

 

グラミスキャッスルは、距離が短くなるのは好材料。スピードはあるし、49kg&外枠が魅力。

 

スペチアーレは前走の閃光特別を55.3で走れるスピードを見せたし、1kg減になるのも好材料。

 

シゲルカゼノボンは前走を55.3のタイムで好走できたのは大きい。52kgのまま走れるのもいいですね。

 

◎17 グラミスキャッスル

○8 スペチアーレ

▲3 シゲルカゼノボン

△2 アデレードヒル

△15 カシノリノ

 

上位3頭で勝負したいけど、できれば他もおさえたい。

 

 

8月21日WIN5結果

 

・第1戦:はずれ

早めに抜け出したベルカントをバクシンテイオーが後ろから大外を差し切った。ラヴァーズポイントとジャストドゥイングが前半3Fを33.6という、このクラスのレベルにしては、かなり遅いペースでした。完全に先行有利な展開になったのですが、驚いたのはバクシンテイオーが追い込んで勝ったということ。勝ちタイムも1.08.5と低レベルのタイム。ペースが遅くなり過ぎて、逆にスピード力のない馬が届いてしまう結果になったと思う。もう少し速いペースで逃げることができる馬がいれば、ベルカントは楽に勝てたと思うレースだった。

 

・第2戦:的中

エイシンローリンは前半3Fを33.8という速いペースで逃げて勝った。ゴーイングパワー、カジキは先行できたが差は縮まらなかった。逃げた馬にとっては厳しい展開で、失速してもおかしくないレースだったのに粘ったエイシンローリンは評価したい。

 

・第3戦:はずれ

ネオリアリズムが気分良く走って、逃げ切り勝ち。モーリスは中団から進めて、折り合いはついていたが、大外持ちだして伸びず2着。最後はレインボーラインにも詰め寄られた。重馬場、洋芝でパワー勝負となったが、最後に失速したところを見ると、やっぱり2000mの距離に問題があったのかも。

 

・第4戦:はずれ

15人気のセフティーエムアイが追い込んで勝つという大波乱。

イェドプリオルが逃げた前半の900mまでのペースは、[10.6 – 11.5 – 12.1 – 12.2]と、ダート1700mにしては、かなり速いペース。さすがに先行には厳しいレースとなり、後ろから行った馬で決まった。

イェドプリオルは4着と負けたが、能力のあるところを見せた。次回に期待したい。

 

・第5戦:的中

グラミスキャッスルが54.5の好タイムで勝った。とはいえ、49kgの裸同然の斤量で、次回に斤量が増えたときは注意したい。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。