北九州記念2016のペース予想!先行有利な展開になる?

この記事は3分で読めます

サマースプリントシリーズ第4戦は北九州記念・G3、小倉芝1200m戦です。

前半3Fタイムを予想して、レース展開とペースを予想してみました。

先行有利な展開になるのでしょうか?

スポンサーリンク

過去の北九州記念のペース傾向

 

まずはデータから見ていきたいと思います。

 

北九州記念の過去レース2009年~2015年までを

[勝ちタイム] [前半3Fタイム] [勝ち馬の脚質]

の順で記載しました。

 

2015年

1.07.3  32.7 先行

 

2014年

1.07.3  33.1 先行

 

2013年

1.06.7  32.2 差し

 

2012年

1.06.9  32.2 差し

 

2011年

1.07.2  32.4 差し

 

2010年

1.07.1  32.1 差し

 

2009年

1.07.5  32.7 先行

 

以上のデータからはっきりとした傾向が現れているのが、前半3Fを32.4よりも速いタイムで逃げた展開だと、差しタイプが勝っています。

 

前半3Fを32.7よりも遅いペースで逃げた展開だと先行が勝っています。

 

記載を省略しましたけど、2006年までのデータを見ても同様の傾向がみられます。

 

 

前半3Fのタイム予想

 

先ほど述べたとおり、

 

前半3Fを32.7よりも遅いタイム⇒先行馬が勝つ

前半3Fを32.4よりも速いタイム⇒差し馬が勝つ

 

という分析結果がでました。

 

さて、では今年の北九州記念の前半3Fのタイムはどうなるのか?

 

良馬場想定で、予想タイム(前半3F)の速い順に並べました。

 

※数字の並びは、

[前半3F予想タイムの範囲] と

[何番手の位置にいるか予想範囲] の内容です。

 

オウノミチ

32.7-33.4
1-4

プリンセスムーン

32.7-33.5
2-5

ジャストドゥイング

33.2-33.6
3-7

ベルカント

33.3-33.7
1-7

ラヴァーズポイント

33.3-33.8
2-7

ローズミラクル

33.5-33.9
4-8

フルールシチー

33.5-34.2
5-9

マイネルエテルネル

33.5-34.2
5-9

ラインスピリット

33.5-34.1
5-12

メイショウライナー

33.6-34.3
7-11

ベルルミエール

33.7-34.6
8-12

ヤマニンプチガトー

34.0-35.0
10-13

バクシンテイオー

34.4-35.0
10-13

 

もし、ベルカントが逃げる展開なら過去レース内容から判断すると、前半3Fを33秒台前半のペースだろうと思う。

 

ただ、ベルカントは無理して逃げるタイプではないので、誰も行かない限り逃げないと予想しました。(逃げの指示があれば当然逃げるでしょうけど)

 

小倉の1200mで逃げ切り勝ち経験のあるオウノミチがおそらく逃げるのではないでしょうか?

 

逃げタイプが少ないメンバー構成なので、オウノミチの逃げは前半3Fを32.7秒よりも速くなることはないと思います。(過去の小倉1200mで最速タイム33.2秒)

 

そうなると、過去の傾向から、先行有利な展開になるという結論に至りました。

 

おそらく勝ち馬は先行した馬で決まるでしょう!

 

オウノミチ、プリンセスムーン、ジャストドゥイング、ベルカント、ラヴァーズポイントまでが勝ち馬候補となります。

 

連対候補は、差しタイプのローズミラクル、フルールシチーまで。

 

スポンサーリンク


 

北九州記念の展開とペース予想

 

前半3F~後半3F が 33秒前半~34秒前半 で、勝ちタイムは 1分7秒前半 くらいになるのでは?と予想しました。(良馬場を想定しています)

 

あとは、土曜日のレースで目安となるタイムが出たら微調整したいところです。

 

展開は、こんな感じになるかと思います。(あくまで暫定。枠順決まったら変更します)

 

[逃げ]
オウノミチ

 

[先行]
プリンセスムーン、ジャストドゥイング、ベルカント、ラヴァーズポイント

 

[差し]
ローズミラクル、フルールシチー、マイネルエテルネル、ラインスピリット、メイショウライナー

 

[追い込み]
ベルルミエール、ヤマニンプチガトー、バクシンテイオー

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。