北九州記念2016のデータや傾向は?好走&消しパターンは?

この記事は3分で読めます

北九州記念(3歳上・G3 ハンデ)は小倉の芝1200mスプリント戦。

過去にはビッグアーサー(高松宮記念1着)がこのレースを経て成長していった例もありましたが、G1に直結しないレースでもあります。

ハンデ戦で難解なレースだが、高配当ねらいならチャレンジしたいレースですね。

過去10年の傾向から、好走するパターンや消しパターンを調べてみました。

スポンサーリンク

脚質

 

逃げ [0 – 0 – 0 – 10]

先行 [5 – 3 – 4 – 31]

差し [5 – 6 – 4 – 51]

追込 [0 – 1 – 2 – 45]

 

過去10年の北九州記念の脚質データですが、見てのとおり、先行と差しでほぼ決まっています。

逃げ、追い込み馬を軸にするのはやめたほうが良いでしょう。

 

 

コース特徴

 

スタートしてから3コーナーまでの直線距離が長いのと、常に下り坂ということもあり前半のペースは、かなり速くなりがちです。

 

ガンガン前に行けばよいかというと、逃げ馬が苦戦しているとおり、そうでもない。

 

ある程度抑えるところは必要で、前半で脚を使いすぎると後ろから差されてしまう。

 

基本的に先行有利なコースだが、内側の馬場が荒れてくると先行スピードが削られて外からの差しが決まりやすくなる。

 

スパイラルカーブの4コーナーを後方から勢いよく大外に持ち出し、差し切るという作戦がはまる。

 

 

 

「内枠の先行馬」と「外枠の差し・追い込み」に好走傾向がみられます。

 

「内枠の先行馬」は人気になりやすいです。

 

特に「外枠の差し・追い込み」は人気薄で激走することがあるので注意が必要。

 

8枠だけをみても、2012年スギノエンデバー8人気で差し、2011年トウカイミステリー8人気で差し、2007年キョウワロアリング11人気で差しきり勝ちしている。

 

 

1人気

 

1人気は、過去10年で1勝しかしていない。

ハンデ戦らしく荒れるレース。

 

1倍台や2倍台の特に人気のある1人気でさえ、過去10年で4頭も挑戦したのに1勝のみでした。

 

人気馬でも疑って検討したほうがよさそうです。
[人気薄の勝ち馬の人気]

 

2014年 8人気

2013年 6人気

2012年 8人気

2011年 8人気

2010年 5人気

2009年 8人気

2007年 11人気

2006年 11人気

 

 

年齢

 

過去10年で、1着~3着のほとんどは4歳~6歳です。

 

7歳以上の連対はありません。

 

特に4歳馬の好走が目立ちます。

 

4歳馬の中では牝馬のほうが優勢です。

 

4歳牝馬 [ 3 – 3 – 4 – 6 ] 16頭中10頭が3着以内に入っており複勝率62.5%はかなりの好走確率です。

 

4歳牡馬 [ 1 – 3 – 2 – 12 ] 複勝率約33%

 

 

血統

 

人気がなくてもサクラバクシンオー産駒は要注意

 

スポンサーリンク


 

ハンデ

 

斤量56kg以上のハンデの凡走が目立ちます。

 

56kg以上で1着・2着に来たのは、2008年のスリープレスナイト(1着)、2006年のゴールデンキャスト(2着)のみ。(過去10年)

 

全部の統計をとっていませんが、斤量56kg以上の馬は、かなり多く出走していたにも関わらず、この結果ですから短距離の重いハンデはかなり不利とみてよいでしょう。

 

51kg以下のハンデで出走した馬は、そんなに多くはありませんが、勝ち馬0(2009年に2着が1回)です。

 

実力不足の軽ハンデ馬は軽視したい。

 

 

過去実績

 

ハンデ戦ということで好走するパターンは、はっきりとした傾向は見られないですね。

 

あまり参考にならないかもしれませんが、過去実績から好走パターンを調べた結果を書いてみます。

 

・過去10年の勝ち馬の中で、1頭を除いて、1000m~1400mの重賞を勝った実績があるか、負けたが0.5差以内の着差の実績があった。

 

・前半が「下り坂」というコース形態が同じである中京1200m、中山1200m、阪神1200m・1400mで比較的に好走しているタイプで、好時計を持っている馬。

 

例えば、

小倉芝1200m(良)を1600万条件で1分7秒後半より速いタイムで走れる

中京芝1200m(良)なら1600万条件で1分8秒後半で走れる

阪神芝1200m(良)なら1600万条件で1分8秒前半で走れる、、など

 

逆に、過去実績で凡走するダメなパターンは、最近走った1400m以下の短距離レースで2回とも6着より着順が悪い場合は、過去10年で連対なし。(ただしG1は除く)

 

 

傾向まとめ

 

・先行と差しタイプは好走傾向あり

・「内枠の先行馬」と「外枠の差し・追い込み」は好走傾向あり

・ハンデ戦らしく荒れるレース

・4歳は好走傾向あり

・7歳以上は過去10年で連対なし。評価を落としたほうがよい

・サクラバクシンオー産駒は要注意

・斤量56kg以上 or 51kg以下のハンデは評価を落としたほうがよい

・最近走った1400m以下の短距離レースで2回とも6着より着順が悪い場合は、過去10年で連対なし。(ただしG1は除く)

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。