札幌記念2016のデータや傾向は?勝ち馬の好走パターンは?

この記事は3分で読めます

札幌記念(3歳上・G2 芝2000m 定量)の過去10年のデータを分析して傾向を調べてみました。

G1馬もステップレースとして出走してくる札幌記念ですが、特殊なコースゆえに、G1馬でも凡走することもあるレース。

今年はモーリスが出走予定ですが、距離的に大丈夫なんでしょうか?

スポンサーリンク

コース特徴

 

札幌芝2000mのコースは、平坦で小回りコース。

スタートしてから1コーナーまでの距離が短く、前半のペースは落ち着きやすい。

函館と同じくパワーが必要な洋芝。

基本的に逃げ・先行有利なコース。

追い込みは、めったに決まらない。

 

脚質

 

札幌記念の過去10年の脚質データ

(注意)2013年は函館開催

 

逃げ [2 – 0 – 0 – 8] 連対率20%

先行 [5 – 7 – 4 – 26] 連対率28.6%

差し [3 – 2 – 6 – 40] 連対率9.8%

追込 [0 – 1 – 0 – 40] 連対率2.4%

 

連対率で考えれば逃げ・先行が優勢な傾向がみられる。

差しタイプは1着・2着に入るのは厳しいが3着までなら、そこそこ来ている。

追い込みタイプには厳しいデータ。

 

 

7枠、8枠といった外枠の凡走が目立つ。

 

内枠有利と言われている札幌芝2000mだが、外枠以外なら実力を発揮できると思ってよいかと思います。

 

 

馬体重

 

安定感でいえば、1人気と2人気の500kg以上の馬。

過去10年で4頭挑戦して [ 1 – 2 – 1 – 0 ] という成績。

 

1人気は過去10年で3勝、2着が4回で連対率7割という好成績だが、500kg以上の馬は3頭ともに連対している。

 

年齢

 

3歳~6歳までの馬が活躍しているが、特に4歳馬の活躍が目立つ。

過去10年で、7歳、8歳が勝ったことはないし、連対率も非常に悪い。

なるべくフレッシュな年齢を狙いたい。

 

人気どおり走るのが5歳で、1人気の5歳の成績は [ 2 – 3 – 0 – 0 ]

逆に人気どおり走らないのが4歳で、1人気の4歳の成績は [ 0 – 0 – 0 – 2 ]

 

人気の5歳馬と人気薄の4歳馬が活躍している傾向がみられる。

 

 

血統

 

ブライアンズタイム、ディープインパクト、ジャングルポケット、ステイゴールドは札幌の芝で良く走る。

 

母父がサンデーサイレンスという血統も札幌記念で好走する傾向が目立つ。

 

前走が函館記念1着or2着

 

前走が函館記念1着or2着だった馬の札幌記念成績は、12頭中、[ 1 – 0 – 4 – 7 ] (過去10年で2013年を除く)

 

思ったほど好走していないことがわかる。

 

好走するパターン

 

過去10年で1着となった馬はすべて4コーナーで9番手以内だった。

 

2着までに来た馬の中で、4コーナーを9番手よりも後ろから連対できたのは2015年のヒットザターゲットただ1頭のみ。(ハイペースで前崩れの展開)

 

1着・2着にきた馬を調べると、4コーナーで9番手以内のポジションをとった馬は、20頭中、19頭連対。
勝ち馬全部の馬には、2000m以上のG1を2着以上か、2000m以上のG2 or G3を1着の条件をクリアしていた。

 

スタミナ、パワーは重要だが近年ではスピード力が求められてきている。

 

2000m以上の重賞を最速上がりタイムで差し・追い込みで勝った実績のある馬が、札幌記念では通常のポジションより前につけて勝つという傾向がみられる。

 

札幌記念1着、2着のほとんどの馬には、中京、阪神、東京の重賞勝ちがあった。



2015
ディサイファ
中日新聞杯を最速上がりで差し⇒札幌記念では先行して優勝

2014
ハープスター
オークス2,桜花賞1など常に最速上がりで追い込み⇒札幌記念では、まくり先行

2013
トウケイヘイロー
函館記念
(函館開催だった)

2012
フミノイマージン
マーメイドSを最速上がりで追い込み⇒札幌記念では、まくり差し

2011
トーセンジョーダン
アルゼンチンG2を最速上がりで差し⇒札幌記念では先行

・・・など

G1勝ち馬でもコースと距離適性がないと凡走するので注意。

 

スポンサーリンク


 

傾向まとめ

 

・勝ち馬には、2000m以上のG1を2着以上か、2000m以上のG2 or G3を1着した実績があった

 

・中京、阪神、東京の重賞を勝った実績がある馬は好走する傾向がある(札幌・函館の好走実績があれば、なお良し)

 

・逃げと先行タイプは好走傾向だが、パワーとスタミナを備えた持続力のある馬が良い

 

・4コーナーで9番手以内のポジションをとれる馬を狙いたい

 

・500kg以上の馬(1人気と2人気なら、なお良し)

 

・4歳馬の活躍が目立つ(高齢な馬より若い馬)

 

・父が、ブライアンズタイム、ディープインパクト、ジャングルポケット、ステイゴールドは札幌芝で好走傾向

 

・母父がサンデーサイレンスは札幌記念で好走傾向

 

・7枠、8枠といった外枠は割引

 

・G1勝ち馬でもコースと距離適性がないと凡走する

 

・前走が函館記念1着or2着の馬は、思ったほど好走していない

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。