博多ステークス2016の展開とペース予想!好走パターンは?

この記事は3分で読めます

8月14日(日)小倉11R、博多ステークス(3歳上・1600万下)は小倉 芝2000mハンデ戦です。

過去レースの傾向から好走パターンを調べてみました。

ハンデ戦で難解なレースですが、前半3Fのタイムを予想してレース展開やペース予想などを書いてみました。

スポンサーリンク


小倉芝2000mコース特徴

 

スタートしてから1コーナーまで長くて平坦な直線(472m)なので、前半のスピードは速くなりやすいが、1コーナーから2コーナーにかけて急な上り坂になっているので、ここでペースは一旦落ち着く。

3コーナーから4コーナーにかけて緩い下り坂になっていて、最後の直線は平坦。

全体的に先行がやや有利だが、断然有利というほどではない。

多頭数のレースで追い込みはめったに決まらないが、小頭数ならありえる。

逃げが有利なコースに見えるが、意外と逃げがあまり決まらない。

内枠有利と言われているが、それほどでもない。小倉芝1800mのほうが影響を受けやすい。

 

 

博多ステークス傾向

 

条件が同じだった2010~2015年までに1着・2着だった馬の傾向を調べてみました。

 

【好走パターン①】
勝ち馬全部に、芝2000mの1000万条件以上のクラスを速い上りで2着以内の経験があった。

 

【好走パターン②】
中山・阪神などの急坂コースの成績が悪くても平坦なコースで良い結果を出しているタイプは穴馬となりやすく要注意!

 

【好走パターン③】
父がディープインパクト、キングカメハメハ、ハーツクライの馬は小倉芝2000mで好走する傾向あり。

 

※展開に関係なく好位からの差しが決まりやすい傾向がみられる。脚質が追い込み以外のタイプで強烈な末脚をもっている馬は注意が必要。

 

 

前半3Fのタイム予想と各馬の寸評

 

前半3Fタイムを予想して、レース展開とペースを予想してみました。

良馬場想定で、予想タイム(前半3F)の速い順に並べました。

 

バンドワゴン

 

前半3Fの予想範囲:35.7-35.9

テンのスピードは並みなので、ハイペースになることはないかと思う。

きさらぎ賞を稍重で平均ペースで逃げてラスト3F[11.9-11.6-12.0]はそんなにバテずに2着、1.47.6のタイムは能力のある証拠。

好走パターンには適合しないが、前走の長久手特別(中京芝1600m)を出遅れたにも関わらず34.3の速い上がりで逃げ切り勝ちした内容は評価したい。

休養後、叩かれながら良化しているのも好材料。

 

メイショウコルノ

 

前半3Fの予想範囲:35.9-36.2

好走パターン適合:①

前半は無理せず後半は持続力で勝負するタイプか。

先行して結果を残してきたので内枠に入った今回も当然先行すると思われます。

ただ、それは1000万レベルの相手だったからであって、メンバー強化された博多Sを先行するには前半で結構脚を使わないといけないはず。

そうなると後半バテる可能性は高いのでは?

 

アスカビレン

 

前半3Fの予想範囲:35.7-36.6

好走パターン適合:①

三木特別の勝ち方を見ると持続力で勝負するタイプのようで、小倉コースでは微妙。

上り勝負になると厳しい。

 

キングストーン

 

前半3Fの予想範囲:36.2-37.0

好走パターン適合:①③

先行して速い上がりを使えるのは好材料。ハイペースにならなければ好勝負。

 

アカネイロ

 

前半3Fの予想範囲:35.8-36.3

好走パターン適合:①

 

どちらかといえばパワータイプの馬で、時計勝負になると厳しいかも。

ただ、常に安定して速い上りを繰り出してきているので瞬発力勝負で上位食い込みがあってもおかしくない。

 

メイショウインロウ

 

前半3Fの予想範囲:36.1-36.4

2000mだと、この馬にとって距離が長い。

 

ショウナンバーキン

 

前半3Fの予想範囲:36.5-36.8

51kgハンデもらっても、スローな展開にならないと好走はないかと思う。

 

ベルラップ

 

前半3Fの予想範囲:36.3-36.9

好走パターン適合:①②③

瞬発力型の馬。平均ペースかスローな展開なら怖い存在。

京都2歳S(京都芝2000m・G3)を勝った後、OPクラスで伸び悩むが、この馬のタイプに合わないコース&距離を使われてきただけ。見限るのはまだ早い。

休み明けで仕上がっているのか?それだけが心配。状態面さえ良ければ・・

 

サンライズタイセイ

 

前半3Fの予想範囲:36.8-37.8

好走パターン適合:①③

①に適合しているが2年前の話で割引が必要。時計勝負になったら分が悪い。

 

レッドルーラー

 

前半3Fの予想範囲:37.0-37.9

好走パターン適合:①③

2000mよりも、もっと距離が伸びて持ち味がいきる。時計勝負になったら分が悪い。

強烈な末脚をもっているが、追い込みタイプで届くか不安。

 

サンマルホーム

 

前半3Fの予想範囲:37.5-38.0

好走パターン適合:①

①に適合しているが1年前の話で割引が必要。

 

スポンサーリンク


 

博多ステークスの展開とペース予想

 

良馬場の想定で、平均ペースになると予想。

バンドワゴンが前半3Fを35秒後半の逃げで、この馬がかなり粘る展開となりそう。

土曜日は外からの差しが結構決まっていた印象があるので、狙いは、馬場の真ん中から好位差しができる瞬発力型の馬。

ということで、本命はアカネイロ。逃げ粘りも十分ありえるので対抗○はバンドワゴン。

 

◎9 アカネイロ

○6 バンドワゴン

△1 キングストーン

△4 サンライズタイセイ

△7 ベルラップ

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。