たけしの健康エンターテーメント、ベストドクターSPの内容

この記事は2分で読めます

たけしの健康エンターテーメント、ベストドクターSPが2015年11月17日に放送されました。

ベストドクターとは、医師たち自身やその家族が病気になったときすべてを託したいと思う名医のこと。

そんなすごい先生に診てもらいたいと思いませんか? もしもの場合に、覚えておいて損はないと思います。

スポンサーリンク


世界の医師約920万人のうちベストドクターは0.6%、日本の医師約30万人のうちベストドクターは2%しかいない。

まさに名医と呼ばれる人たちだ。

do

呼吸器内科のベストドクター

 

 

独立行政法人国立病院機構 七尾病院 の院長 藤村政樹先生は、完治100%を目指す呼吸器内科のベストドクターです。

長引く咳の研究者でもある先生は、長引く咳の2つの原因をつきとめたすごい人だ。

原因を解明するために、20年をかけて検査法を開発したという。

 

長引く咳の7割を占める2大原因の病は、咳喘息とアトピー咳嗽である。(その他、副鼻腔気管支症候群などがある)

 

咳喘息は、気管支の平滑筋が収縮し咳が出る病で、アトピー咳嗽は、喉の知覚神経が過敏になる病である。

どちらも乾いた咳が出るという特徴をもつ。

 

原因を解明するための検査法とは、カプサイシンとメサコリンの成分を使う咳感受性検査で2回に分けてこの成分を吸入してもらうという。

アトピー咳嗽ならカプサイシンが喉の知覚神経を刺激し咳が出る。

1分間に5回以上出れば確定と診断される。

咳喘息ならメサコリンが気管支の平滑筋を収縮し咳が出る。

30分間に40回以上出れば確定と診断される。

 

咳の出やすい時間帯

 

咳喘息とアトピー咳嗽の場合、ウトウトし始めた時と起床2~3時間前に咳が出やすいという特徴がある。

 

副鼻腔気管支症候群の場合、起床時~午前中に咳が出やすいという特徴がある。

 

食後に出る咳は、逆流性食道炎の可能性あり。

逆流した胃酸が気管支を刺激して咳をすることがある。

就寝して1~2時間後に出る咳は、心不全の可能性あり。

 

関連記事:駆け込みドクター原因解明SPせきに効果がある食品

 

胃腸のベストドクター

 

ハッピー胃腸クリニック 院長の豊田英樹先生

超音波検査(エコー検査)のエキスパート

町のクリニックでも大病院並の診断ができるという。

 

胃が痛んでも関係ないところが原因である場合がある。

胃の痛みと勘違いしやすい2つの病気は、以下のとおり。

みぞおちが刺すような痛みが右に移動して吐き気がする場合、急性虫垂炎の可能性あり。

みぞおちに締め付けられるような痛みと息切れや動悸などがある場合、狭心症の可能性あり。

 

スポンサーリンク


 

皮膚科のベストドクター

 

希望ヶ丘すずらん皮膚科クリニック 院長 堺 則康先生

日本に20人だけ特別な資格を持つ皮膚科のベストドクター

 

 

めまいのベストドクター

 

奈良県立医科大学 耳鼻咽頭・頭頸部外科 北原 糺先生
めまいの原因を100%究明する1週間検査入院という検査方法をあみだした、すごい先生。

めまいの原因は1つとは限らない、と先生は言う。

 

最初に起きためまいの特徴が特に重要なのだそうだ。

 

1回転するような、めまい→良性発作性頭位めまい症の可能性あり

左右に動くような、めまい→メニエール病の可能性あり

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。