クイーンステークス2016の展開予想!ペースはどうなる?

この記事は3分で読めます

第64回 クイーンステークス(3歳上・G3 芝1800m 別定)は札幌芝1800m、牝馬たちの戦いです。

前半3Fタイムを予想して、レース展開とペースを予想してみました。

本命はウインプリメーラです!

スポンサーリンク

前半3Fのタイム予想と各馬の寸評

 

良馬場想定で、予想タイム(前半3F)の速い順に並べました。

 

 

 

カトルラポール 35.8 逃げ・先行

未勝利をなかなか勝ち上がれなかった馬。1000万条件でも足りないようなレベルかと。

 

リラヴァティ 35.9 逃げ・先行

前走のマーメイドS勝ちはハンデに恵まれたものだけど、これまでの1800mの重賞好走経験を考えると軽視できない馬。ただ、大外枠に入ったのと、松若騎手が札幌コース初騎乗という点はマイナス材料。

 

ノットフォーマル 36.0 先行

フェアリーS(G3)を11人気でフロック勝ち。その後、全くいいところをみれず、さすがに厳しいか。

 

マコトブリジャール 36.1 先行

福島牝馬S(G3)は超スローペースの前残りの展開で2番手から抜け出し1着。展開に助けられた内容であまり評価はできない。先行できないともろい馬。内枠を引いたのはプラス材料だが、先行馬がそろったので不安はある。

 

ナムラアン 36.2 先行

1800mをメインに使ってきた馬がOPを勝ってから、前走2000m重賞で前に行けず9着。先行力を武器に戦ってきた馬なので型にはまらないともろいが、今回得意の1800mでどうか?調教内容も良かった。

 

ウインプリメーラ 36.3 先行

牝馬限定の重賞G2までなら、そこそこ戦えるが京都コースしか勝っていない。パワーのいる札幌では微妙?先行力は魅力だが・・・

 

ロッテンマイヤー 36.4 先行

スローペースでしか勝ったことがない点は経験不足で仕方がないところだが、判断に迷う。切れる脚はないので、無理せず先行できるかがポイント。逆に無理して2~3番手をキープしようとすれば脚を使いすぎて負けそうな気がする。

 

マイネグレヴィル 36.6 先行

函館・札幌の好走経験があり洋芝適正はある。札幌2歳S、フラワーCで2着したように1800m・小回りコース実績もあり、前に行ければ面白い存在。

 

レッドリヴェール 36.7 差し

最近、惨敗が続いていますが、牝馬限定で札幌コースなら話は別。

阪神JFでハープスターの追撃を振り切ってG1を勝った実績は、このメンバーで上位。

札幌2歳Sを1着、クイーンS2着と洋芝適正があり、ここで一変する可能性はあります。

 

ダンツキャンサー 36.9 差し

1500mまでしか好走しない馬が1800m重賞で豹変するとは考えにくく・・。ただ、洋芝適正はある。調教内容もまずまず。

 

シャルール 37.0 差し

本格化する前の札幌コースでパーフェクト連対。福島牝馬S(G3)は超スローペースの前残りの展開を差して2着、小回りコースの適正も見せて、しかも決め手上位。期待できそう。

 

テルメディカラカラ 37.0 差し

ハービンジャー産駒の洋芝適正は無視できない。道悪は得意。

 

チェッキーノ

左前脚屈腱炎で出走回避

 

メイショウスザンナ 37.2 差し

他のレースは、いまいちだけど、クイーンS(札幌1800m)は鮮やかな差し切り勝ち。小頭数で相手にも恵まれた感じはあったけど、小回り・洋芝・決め手の適正を考えると期待できそう。ただ、もう7歳で上がり目なしの状態でどうだろうか?

 

スポンサーリンク


 

 

クイーンステークスの展開とペース予想

 

(良馬場を想定しています)

前半3F~後半3F が35.8~35.1 で、勝ちタイムは 1.47.2 くらいになるのでは?と予想しました。

典型的な逃げ馬がいないので、ペースはそんなに速くならないかと思います。

1000m通過60秒切るか切らないかくらいの平均ペースになりそうです。

 

展開は、こんな感じになるかと思います。

 

[逃げ]
カトルラポール、リラヴァティ

[先行]
ノットフォーマル、マコトブリジャール、ナムラアン、ウインプリメーラ、ロッテンマイヤー、マイネグレヴィル

[差し]
レッドリヴェール、ダンツキャンサー、シャルール、テルメディカラカラ

[追い込み]
メイショウスザンナ

 

前に行きたい馬が多く、逃げ馬もペースを上げそうもないので、団子状態で進む展開となるかもしれません。

 

関連記事:クイーンステークス2016のデータや傾向は?穴馬の傾向は?

 

 

クイーンステークス予想

 

◎6 ウインプリメーラ

○11 シャルール

▲7 ナムラアン

△10 マイネグレヴィル

△2 マコトブリジャール

 

過去のクイーンステークスの傾向を考えれば、人気の先行馬「ロッテンマイヤー」は、かなり期待できるはず、なんですが、今回はそうでもなさそうです。

まず、前に行く馬がそろいすぎな点。ロッテンマイヤーは3歳同士のスローペースなら先行できたけど、初古馬相手について行けるだろうか?

無理して行けば2~3番手をキープできるかもしれませんが、後半失速するでしょうね。無理しなければ予想どおり7番手くらいの位置になりそうです。人気ほど信頼性はないと思っています。

また、人気の差し馬は来ないという過去の傾向からシャルールがあてはまります。

しかし、シャルールは洋芝適正もあり、小回りコースも得意で、決め手もあり、過去の好走する馬の条件に一番ぴったりくる馬なんですよね。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。