中京記念2016のデータや傾向は?消す馬と期待したい馬は?

この記事は4分で読めます

第64回中京記念(G3 芝1600m ハンデ)のレース傾向から、消す馬と期待したい馬が見えてきました。

 

コース特徴

 

中京の芝1600mは、2コーナーの奥からスタートして向こう正面の途中まで上り坂で、後半下り坂となりラスト300m地点で急坂がある。

コースの形態上、前半のペースはあまり速くなりにくい特徴がある。(ただ、OP・重賞レベルだと話は別)

以前は時計が掛かりパワーも要求される馬場だったが、2015年春くらいから高速馬場の傾向が見られる。

逃げ、先行よりも、決め手のある差し馬が決まりやすい傾向となっています。

 

 

スポンサーリンク

過去4年のデータや傾向は?

 

中京記念が中京開催となったのは2012年からなので、過去4年分のデータを分析してみます。

 

2015年、良、1:33.4

 

12.5 – 11.2 – 11.0 – 11.7 – 11.8 – 11.4 – 11.6 – 12.2

46.4 – 47.0 平均ペース(-0.6)

 

1 スマートオリオン 牡5 57.0 先行 1200mメインで使われてきた馬が前走OP1400mを勝っていたが距離不安で6人気。

2 アルマディヴァン 牝5 52.0 差し 前3走の成績が悪く13人気。中京勝ちもあり、軽量ハンデで激走!

3 ダローネガ 牡6 55.0 差し 重賞好走で3人気。

 

以前までのパワーを要求されるような中京コースではなくなりつつあり、最近では1000万条件でも1分34秒台が出ています。

なので、1分33秒台のタイムは、このクラスなら出てもおかしくないタイム。

 

2014年、稍重、1:37.1

 

12.5 – 11.2 – 11.8 – 12.2 – 12.4 – 11.7 – 12.2 – 13.1

47.7 – 49.4 ハイペース(-1.7)

 

1 サダムパテック 牡6 58.0 差し マイルCS勝ち馬。最近の成績悪く7人気。

2 ミッキードリーム 牡7 56.0 差し 重賞、中京好走。最近の成績悪く11人気。

3 マジェスティハーツ 牡4 56.0 差し 重賞、中京好走。5人気。

 

逃げ、先行は総くずれ。

 

2013年、良、1:33.5

 

12.9 – 11.5 – 11.3 – 11.5 – 11.5 – 11.3 – 11.7 – 11.8

47.2 – 46.3 平均ペース(+0.9)

 

1 フラガラッハ 牡6 57.0 追い込み ずっと2桁着順の惨敗だが去年の勝ち馬。重賞、中京好走。5人気

2 ミッキードリーム 牡6 57.0 先行 惨敗続きで13人気。とても買えないが、過去に重賞、中京好走。

3 リルダヴァル 牡6 57.0 差し 重賞の好走はないが、最近好調だったので3人気。

 

時計の掛かるコースコンディションで、1分33秒台のタイムは優秀。

 

2012年、良、1:35.1

 

12.4 – 11.2 – 11.7 – 11.7 – 12.1 – 11.7 – 11.4 – 12.9

47.0 – 48.1 ハイペース(-1.1)

 

1 フラガラッハ 牡5 57.0 追い込み 前走勝ち調子良い。最速上がりが武器。5人気

2 ショウリュウムーン 牝5 54.0 差し 1600m重賞好走。6人気

3 トライアンフマーチ 牡6 58.0 差し 休み明け久々で10人気。1600m重賞好走

 

 

傾向まとめ

 

軽ハンデよりも過去の重賞実績や中京での好走経験がある馬が好成績をあげる傾向が見られる。

最近の成績が悪くても、「重賞実績や中京での好走」のある馬は要注意。

 

2012~2015年まで1人気と2人気は1度も絡んでいない。ハンデ戦らしく荒れるレース。

 

脚質だと、「差し」「追い込み」で決まりやすい傾向がある。

今のところ逃げきりは一度もない。

 

2012年のショウリュウムーン470kg以外は、全部480kg以上の馬体重でした。

480kg未満の馬は過去4年で、24頭が挑戦してショウリュウムーン2着のみ。

スピードとパワーが要求される中京1600m。480kg以上の馬体重は欲しい。

 

スローペースにはなりにくい傾向もあり。

 

スポンサーリンク


 

傾向から消したい馬と期待したい馬

 

7月18日の時点で出走予定となっている馬から、中京記念の傾向より消したい馬と期待したい馬をピックアップしてみました。ハンデの考慮はしていません。

 

消したい馬

 

ウインガニオン

2連勝して人気になりそうだし、いかにも逃げそうなタイプ。前走のような超スローな展開には、まずならないし、そうなると逃げタイプは厳しい。

 

ケントオー

馬体重が480kg未満。今回も道悪になるなら消せないが、良なら消し。

 

タガノエスプレッソ

馬体重が480kg未満。前走で初めて逃げ切り勝ち。デイリー2S(1600m・G2)1着の実績があるし初の中京でコース適正もみせたので怖い存在だが、ハンデが重いようなら消し。軽いハンデなら消せない。

 

タガノエトワール

馬体重が480kg未満。ローズS2着、秋華賞3着の実績はすごいが、こちらもハンデ次第で消し。

 

マイネルアウラート

馬体重が480kg未満。パラダイスSを勝ち上がり勢いがあるが、東京1600mのレースで勝ちきれないところを何度も見てると評価を下げたい。しかも先行脚質でバテそう。

 

 

期待したい馬

 

スマートオリオン

前年の中京記念勝ち馬。まさに中京記念だけ好走するパターンの馬だと思う。

 

アルマディヴァン

去年、このレースを52kgハンデ2着の実績。もし今回、条件に恵まれるようなら期待したい。軽量ハンデ、馬体重絞れて、速いペースで前が崩れる展開という条件がそろえば期待したい。

 

ダローネガ

前年の中京記念3着。後方からの競馬で直線外をまわってクビ差という内容は良い。

 

トウショウドラフタ

馬体重が480kg未満だが、ファルコンSを勝った実績を考えると消せない。

 

ダノンリバティ

毎日杯(G3)2着、ダート重賞を2着の実力馬だが、前走惨敗で人気落ちそう。

 

カオスモス

アーリントン(G3)2着、ダービー卿T(G3)2着と1600mの重賞には実績があり、最近の凡走ぷりから人気は落ちそう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。