七夕賞2016の展開とペース予想!マーティンボロがイン強襲?

この記事は4分で読めます

第52回 七夕賞の競馬予想です。いつものようにレース展開とペース予想をします。

各馬の寸評もコメントしました。

 

ペース予想

 

福島の芝が良であることを前提として、前半3F 34秒後半~後半3F 35秒くらいの平均ペースの予想。

rty

スポンサーリンク


 

レース展開予想と各馬寸評

 

メイショウナルト:△

 

当日パドックの状態が良ければ狙いたい1頭。

2014年七夕賞は逃げて1着、2015年七夕賞は2番手からの競馬で差のない4着とこのレースと相性は良い。

メイショウナルトが内枠を引いたので逃げると予想。

56kgのハンデも恵まれたし、逃げ切りも可能性はあるかと思うが、去年と同じ津村騎手なので評価下げて押さえまで。

 

関連記事:七夕賞2016のメイショウナルトが復調気配で逃げきりあるか?

 

マイネルラクリマ

 

2013年七夕賞を3番手からの競馬で1着。福島記念でも2着と福島向き。

夏だけ走る馬。スピード力あり、常に先行、しかもバテない馬。

でも骨折して長期休養してから惨敗続き。8歳と高齢で年々衰えは隠せない。

前走の目黒記念ではいいとこなしの16着惨敗。復調気配を見せていないのでさすがに厳しいか。

 

上原調教師「年齢的に上積みはあまり見込めませんが、長期休養明けを使いながら少しずつ良くなっています。これまで脚元の関係で休養が多い馬ですし、年齢を考えるとハンデ(57.5キロ)は可哀想ですが、得意の福島コースでどこまでやれるかですね。道悪は大丈夫です」

 

やはり、年齢的なところで叩いてガラリ一変とまではいかないようです。

 

シャイニープリンス:○

 

詳細はこちらにコメントしました

七夕賞2016でシャイニープリンスが先行したら必勝?道悪苦手?

 

ヤマニンボワラクテ:△

 

福島民報杯は先行して3着。

速い時計はないが、福島・芝2-1-1-0とよく走る。

追い切り後の藤懸貴志騎手のコメント「短期放牧に出ていました。前々走の福島民報杯の時、少し疲れがあるかなという気がしていました。その時よりフレッシュさがあって、馬体も戻っていて良い感じがしました。」

また、ゲートの中で立ち上がったりする癖があるので不安なところもあるとコメントしていました。

中間の状態は良いので、好スタートをきれたら、かなり期待できそう。

 

ウインリバティ

 

4番手以内の先行が理想だがスピードがないのでどうか。

逃げて勝ったのは阪神2000mだけ。遅いので逃げれないでしょう。基本35秒の先行タイプだが、力不足。

 

クリールカイザー

 

逃げて勝ったAJCCはスローな展開がはまっただけ。

長距離タイプの馬で、昔は差しで最速上がりを出してたのに、最近逃げが増えてきたのが気になる。

 

相沢調教師「前走(目黒記念・15着)はゲートの後ろ扉の隙間に後ろ脚が挟まってしまうアクシデントがあり、参考外の一戦です。前走後は1週間放牧に出して、帰厩後も順調です。」

「逃げて止まると周りが思ってくれて、かえって楽に行かせてくれれば良いなと思います」

 

と逃げ宣言しているが、前に行くスピードがないので逃げるのは難しいか。

目黒記念を参考外と言ってるが、長距離レースの総決算として目黒記念を目標にしてきたはずで、距離短縮した七夕賞へのレース選択は疑問。

 

ステラウインド

 

去年七夕賞を2着しているが最新の成績が悪すぎ。

ここ最近の大敗は、気持ちの問題だという尾関調教師。

気分転換に坂路で追い切りしたり、今回はチークピーシーズを着用すると話しているとおり尾関調教師も色々試しているようです。

 

マーティンボロ:◎

 

2014年の天皇賞(秋)のあと約1年長期休養してから成績悪いが万全の体制ではなかったのと距離が短かっただけ。

 

適距離の2000mに戻り激走の大チャンス到来!

 

2014年の2000m重賞3連戦を好走した実績がある。

特に、中日新聞杯では2着ラキシス、3着ラブリーデイといった強敵を差しきっているところから相当な実力を持っていることは確か。

 

スポンサーリンク


 

ルミナスウォリアー:▲

 

連勝して勢いがあるし、堅実安定性があり、メンバー最速の上がりを連発し、初重賞挑戦でも怖い存在。

 

バーディーイーグル

国枝師「馬って本当に分からない部分があるよな。ダートで少し頭打ちを感じていたから使ったんだけどね」とコメントしてました。

国枝師「距離は1800mから2000mくらいが良いでしょうし、福島の小回りも問題ないですね。馬場が渋っても大丈夫だと思います。」

 

試しに芝を走らせてみたら、予想以上に走ってしまったという感じでしょうか。

ずっとダートだったのに最近3戦は芝で適正あるところをみせた。ただ2000mは長いという印象。

 

ダコール:△

 

福島は勝てないが2、3,4着と安定。

中竹調教師「この馬はとにかくパンパンの馬場が条件」と言ってるようにゆるい馬場はパフォーマンスが落ちる。

前走の新潟大賞典は良馬場発表だったが多少ゆるい馬場だった。しかも久々だったこともあり4着。

小倉0.0の2着と8歳だがまだ衰えていない。

 

マジェスティハーツ:△

夏に調子を上げるタイプ。

前走サトノノブレスがコースレコード勝ちした鳴尾記念を0.3差5着と復調気配。

ただハイペースで流れてバテ差しタイプなので展開に左右される。

あと、宝塚記念を馬場悪化のため回避した経緯あり。天気にも注意。

 

オリオンザジャパン

 

芝適正に疑問。

 

ナカヤマナイト

 

二ノ宮調教師「前走(エプソムC・GIII・17着)は約1年振りのレースで気負って前に行ってしまいましたが、今回は普通に競馬ができると思います」

と先行策はとらないと思われるコメント。

さずがに8歳で衰えた印象。

 

アルバートドック:△

 

OPクラスなら33秒の脚を使える。

前走のエプソムC7着を振り返って野見山伸吾調教助手のコメント

「出来が良く感じたものですから、もう少し終いで伸びてくれるかなと期待していましたが、正直もう一つという気がしました」

小倉大賞典を勝ったときのように内をつく競馬ができるなら、まとめて差しきりまでありそう。

でも大外まわったら届かず終わりそう。ちょっと乗り方が難しいので戸崎騎手がどう乗るか?

 

メイショウカンパク

推せる材料なし。

333
 

展開予想

 

メイショウナルトが逃げる展開になりそう。

マイネルラクリマ、シャイニープリンス、ヤマニンボワラクテ、ウインリバティ、クリールカイザーあたりが先行争いに加わり前に行く馬が多く、多少ペースは上がりそう。

前半3Fが 34秒後半くらいになると想定しています。

先行馬が突っついてこなければ、メイショウナルトが楽に逃げて前残りまであるかもしれません。

2014年の七夕賞は逃げ切り勝ちしてますから、楽に行かせると、やっぱり怖い存在です。

マーティンボロ、ステラウインド、ルミナスウォリアー、ダコール、バーディーイーグルあたりが中団をキープ。

マジェスティハーツ、オリオンザジャパン、アルバートドック、ナカヤマナイト、メイショウカンパクが後ろからの競馬となりそう。

 

予想

 

マーティンボロ:◎

シャイニープリンス:○

ルミナスウォリアー:▲

アルバートドック:△

ヤマニンボワラクテ:△

メイショウナルト:△

ダコール:△

マジェスティハーツ:△

 

関連記事:七夕賞2016のデータや傾向は?先行有利だけど穴は差しと追込?

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。