NHKドラマ「愛おしくて」有松絞りって何?

この記事は2分で読めます

arimatsu
 

2016年1月12日、NHKドラマ10「愛おしくて」(全8回)が放送開始する。

田中麗奈が主演のドラマですが、あらすじと有松絞りについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

出演者&主題歌

 

田中麗奈、吉田栄作、秋吉久美子、水橋研二、緒形幹太、丘みつ子、石倉三郎

平田満、南果歩、小林稔侍ほか出演

主題歌を島谷ひとみ

と発表されている。

 

 

あらすじ

 

獣医師の光太郎(吉田栄作)と染物師の怜子(秋吉久美子)は恋愛関係があったが、ある日小夏(田中麗奈)が有松絞りの師匠怜子に弟子入りをする。

光太郎(吉田栄作)は小夏(田中麗奈)も愛してしまうという、三角関係ドラマだ。

小夏(田中麗奈)は家族を捨てて愛人(南果歩)と出て行った父・辰造(小林稔侍)とこの街で偶然にも再会することになる。

父・辰造は親子の絆を取り戻そうとして小夏につきまとう。

親子の関係と恋愛の関係、師匠と弟子の関係と、その後の展開がどうなるのか?ドラマをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

有松絞りって何?

スポンサーリンク


ところで、小夏は有松絞りの師匠怜子に弟子入りするという話だけど、有松絞りって何だろう?

ちょっと知らなかったので調べてみた。

 

有松絞りは、400年の歴史がある伝統工芸です。

愛知県名古屋市緑区の有松地域を中心に生産される絞り染めの名称。

有松絞りのはじまりは江戸時代のはじめごろ。

当時、愛知県名古屋市緑区があった地域は何もない荒野で、治安が悪かった。

東海道は重要な街道なので、これはまずいと思った尾張藩が治安をよくするため住民を増やした。

とはいえ、何もない荒野にお米も作れないし、どうしようかと悩んでいた。

 

そんなとき、竹田庄九郎らによって考え出された独自の絞り染めで手ぬぐいを売るようにした。

有松絞りの誕生だ。旅人が故郷へのお土産にと、きそって絞りの手ぬぐい、浴衣などを買い求め、これが街道一の名産品となった。

有松絞りが人気となってきたので、鳴海などの他の地域も絞り染めをやり始めたんだけど、有松側が尾張藩に生産の中止を訴えてからややこしい話になっていく。

 

すったもんだ、ありながらも今でもその技術は現代まで受け継がれてきている。

師匠と弟子の関係は今でも続いているんですね。

有松絞りは手ぬぐいや浴衣だけでなく、日傘や帽子、ぞうりもある。

毎年6月第1土日に有松絞りまつりを開催しているので興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。