宝塚記念2016の展開&ペース予想!キタサンブラックが逃げる?

この記事は3分で読めます

宝塚記念の競馬予想です。主にレース展開とペースについて予想しています。

キタサンブラックのペースが鍵を握りそうです。

 

展開予想

w
 

スポンサーリンク


週末の金、土は雨、日曜は晴れの予報。雨によって馬場状態が悪くなると、だいぶ予想が変わってきますが、とりあえず良馬場を前提に予想してみます。

2200
1
キタサンブラックが内枠に入ったので、ハナを奪い逃げる展開となりそう。

カレンミロティックは逃げることもできるが、逃げて良い結果になったことがないので2番手のポジション狙いでしょう。

今回、先行したい馬が多いので先行争いは激化しそう。

ラブリーデイ、サトノクラウン、サトノノブレス、アンビシャス、ワンアンドオンリーあたりは、先行ポジションをとりたいところ。

先行でも中団でもOKなのが、ドゥラメンテ、トーホウジャッカル、マリアライト、ラストインパクト、ヤマカツエース。無理して激しい先行争いに加わるとは思えないので中団キープでしょう。

フェイムゲーム、シュヴァルグラン、ステファノスがその後に続き、タッチングスピーチ、ヒットザターゲットが追い込みという展開になるのではないかと思っています。

 

 

 

鍵をにぎるのはキタサンブラックのペース

3
 

おそらく逃げるであろうキタサンブラックの武豊が、どんなペースで走るかによって結果がだいぶ変わってくると思います。

例えば、スローでヨーイドン!の競馬なら、ラブリーデイが有利な展開になるだろうし、同じスローでも早めにじわじわとペースを上げていく競馬だとキタサンブラック、カレンミロティック、サトノクラウンに有利な展開になりそう。

そこで、過去の宝塚記念を調べてみたのですが、まず、宝塚記念の阪神2200mという特殊なコースは、逃げてなんぼの馬が出走するパターンではハイペースになりやすい。

逆に明確な逃げ馬が不在の場合はスローになる傾向があります。

 

今回は、「キタサンブラックが逃げそう、かつ、先行馬が多い」という状況から平均ペースよりも速いペースになりそうです。

キタサンブラックの武豊はスローに落として有利な展開に持ち込みたいが、他の先行馬が突っついてそれをさせず、という構図です。

 

そうなると、前半は先行争いが激化してペースが速くなり、中盤になんとかペースを落として脚をためたいところですが、果たしてうまくいくだろうか?

中盤でうまくペースを落とすことができれば、タフなキタサンブラックに勝機あり。できなければ勝つのは難しいかもしれません。

私のハイペース予想がはずれ、スローになった場合は、キタサンブラックが勝つ確率が高くなります。

ということで、キタサンブラックのペースが宝塚記念の鍵を握ることになりそうです。

 

スポンサーリンク


 

馬券予想

g
 

キタサンブラックが前半ハイペースでとばして中盤も緩めることもできず各馬早めに仕掛けてきてキタサンブラックには厳しい展開になるという予想です。

 

そんな厳しい流れにも対応して、さらに加速できそうなドゥラメンテは当然、連には絡んでくるでしょうね。

 

しかし、本命はアンビシャス。前走、大阪杯ではスローな流れからキタサンブラックに競り勝ったし、中山記念では最速の上がり33.6を使いドゥラメンテにクビ差まで迫る2着。距離が長いのでは?という不安はあるが、前走のように先行しないで脚をためていけば、海外戻り&関西遠征のドゥラメンテを差しきる力はあると思う。

 

サトノノブレスは平均ペースとはいえ、中間緩むことなく厳しい展開の鳴尾記念でステファノスを倒し、想定している宝塚記念の展開にぴったり。

 

ラストインパクトは金鯱賞でサトノノブレス、ラブリーデイといった強敵を倒しているし、ハイペースにも対応できる面も良い。

 

◎アンビシャス

○ドゥラメンテ

▲サトノノブレス

△ラストインパクト

△キタサンブラック

 

結果

 

1着 ▲16マリアライト

2着◎9ドゥラメンテ

3着○3キタサンブラック

 

キタサンブラックが逃げて前半ハイペース気味になるという予想どおりの展開になりました。楽に逃げられなかった分、最後は甘くなりマリアライトとドゥラメンテに差されましたね。やや重の馬場とハイペースという条件がマリアライトに味方した宝塚記念でした。ドゥラメンテはあれだけ後ろのポジションでは、さすがに厳しかったと思います。いきっぷりは、あまりよくなかったので万全ではなかったのかな?という印象。

 

関連記事:宝塚記念2016のデータ傾向は?ドゥラメンテがピンチ?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。