米子S2016展開予想!Sペースならガリバルディの先行力脅威?

この記事は2分で読めます

米子ステークス、OP、阪神芝1600mの展開予想です。

逃げ馬不在で何がいくか?

クイーンズリングの実績は圧倒的で、ここは取りこぼせないところ。

スポンサーリンク

レース展開予想

ss
逃げ馬が不在で、しかも9頭立てとなり馬券的にも面白くない構成になりました。

実力でいえば、断然クイーンズリングが一枚上です。

Fレビュー(G2)、京都牝馬S(G3)勝ちだけでもすごいが、秋華賞2着、桜花賞4着という成績をみれば、絶対に負けられないところ。

他の馬は、1600万条件をなんとか勝ち上がったレベルの馬ばかりですからね。

h

スタート直後

1
 

何が逃げるか?ちょっと読めない展開になりそう。

先行したいガリバルディとダイシンサンダー、タマモトッププレイあたりが前にいくか。

 

ここは、ガリバルディが逃げると予想しました。

競りかけてくる馬もいないでしょうから、完全にスローでコントロールできそう。

メドウラークは最近、差しが多いですけど、昔は先行して結果だしていたので、前のほうへポジションとりそう。

 

クイーンズリングはいつもどおり後方からでしょうね。過去の競馬をみてもスローな展開で追い込みしているくらいですから。

クイーンズリングはSペースで、結構とりこぼすのが気になります。

今回は小頭数だし、実力差もあり、問題ないとは思いますが、負けるとしたら先行馬が上がり3F、34秒前半の脚を使われたときですかね。

 

3コーナー

2
全体的なペースとしては、去年の米子Sと同じようなペースになるのではないかと思っています。

2015年の米子Sは、今年と同様に逃げ馬が不在で、47.5-46.5というスローペースで、先行したスマートレイアーが34.4の上がりで勝ち、後方にいた人気のロサギガンティアも34.4の上がりで惨敗していました。

 

まあ、どの馬が逃げてもスローペースになるでしょう。相手はクイーンズリングただ1頭なので、この馬に勝つにはスロー作戦しかないですからね。

 

4コーナーまわって最後の直線

スポンサーリンク


もし、クイーンズリングが3コーナー手前で図の位置よりも後ろなら、おそらく負けるのではないかと思います。

というのも、Sペースで先行するガリバルディとダイシンサンダーは34.3秒以内の脚は使えると思うので33.7秒程度の脚を使っても届かないと思います。

いつもより早めの仕掛けをデムーロがしっかりやってくれたら問題ありませんが、最近のデムーロ不調だからな~。ちょっと心配。

 

予想

 

ということで、クイーンズリングとガリバルディで決まりと思っていますが、馬券的においしいのはガリバルディの単。

 

◎ガリバルディ

○クイーンズリング

▲ダイシンサンダー

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。