ユニコーンS2016の展開予想!レース傾向とペースは?

この記事は2分で読めます

 

ユニコーンステークスG3、3歳ダート1600m(東京)。

レースの展開やペースの予想はどうなる?

 

[追記]レース回顧!

 

過去10年ユニコーンSの傾向

スポンサーリンク


例年ですと、前半速く後半時計が掛かるようなハイペース傾向があります。

なので、差し・追い込みの決め手勝負となるパターンが多い。

 

逃げ馬は苦戦。0-1-0-9と、2着が1頭のみ。ただし、3人気以内の馬が逃げたことはないので、人気の逃げ馬がどうなるかは未知。

人気の先行馬は善戦する傾向あり。

439kg以下の軽量馬は連対なし。

 

レース展開予想

 

ss
当日の天気はわかりませんが、良馬場予想で話を進めます。

今回、逃げ馬が不在で何がハナに立つのか?

先行して結果を出しているピットボスが逃げると予想しました。

1
ヴェゼールも先行して結果を残していますが、陣営コメントなどから後半勝負に徹しそう。

ストロングバローズは、2番手キープかと思いますが、誰も行かないようなら逃げる可能性もあります。

他で先行しそうなのが、Hペースに持ち込みたいダノンフェイス、東京ダートを3回全部連対しているイーグルフェザー、レッドウィズダムあたり。

クインズサターンは基本「差し」ですけど、Hペースにならないとみて、先行集団にとりつくと予想。

 

強烈な決め手をもつ、グレンツェント、ゴールドドリームは中団から差す競馬となりそう。

 

ヤマイチジャスティ、ノーモアゲームが追い込みポジションでしょうか。

Mペース予想なので、後ろすぎる馬は強烈な決め手を持っていないと厳しい。

2
団子状態でコーナーまわって最後の直線へ。

ハイペースとなりやすい傾向のあるユニコーンSですが、今回逃げ馬不在でMペースと予想しています。

 

そのため、先行した馬に有利な展開になると予想しています。2カ月半ぶりでもストロングバローズに有利な展開となりそう。間隔があいた理由は、トモに弱いところがあり時間をかけて調整してきたようです。無理をさせないローテが良い結果となっているようです。

 

スポンサーリンク


 

ゴールドドリームは、前走の園田の重賞を2着となりましたが、跳びが大きい馬で小回りの競馬はむいてなかった面があります。東京なら力を出し切れるはず。

グレンツェントは、前走の青竜ステークス1着のように、中団から進めてペースがそんなに速くないとみて早めの仕掛けで3番手から抜け出す競馬ができれば勝機あり。

この3頭以外では、先行して粘りこみする馬に警戒したい。ダノンフェイス、イーグルフェザー、クインズサターンあたり。

 

ヴェゼール は、端午S(OP)を強烈な差しで3着になっているが、ハイペースに助けられた面もある。Mペース予想なので反応遅いし中団からだと厳しいかと思う。先行してくれたら面白い存在ですが・・・

 

予想

 

◎ストロングバローズ

○ゴールドドリーム

▲グレンツェント

△ダノンフェイス

△イーグルフェザー

△クインズサターン

 

レース回顧[追記]

 

ダートは少し湿り気を残した良まで回復。

全体のペースは、47.3 + 48.5 = 1.35.8 と前半あまり速くならず平均ペースで流れた。

ラップタイムは、12.5 – 11.1 – 11.7 – 12.0 – 12.3 – 11.8 – 12.0 – 12.4

逃げ馬不在のこのレース。何が行くか注目していたが、過去1度も逃げたことのないマイネルバサラが逃げる展開に。ストロングバローズが2番手キープ。

ペースが速くないとみて、ゴールドドリームが先行したのは川田騎手の好判断。4コーナーで早くもストロングバローズに並びかけていってクビ差の勝利。

グレンツェントは後方からの競馬。このペースにしては、少しポジションが後ろ過ぎましたね。

それにしても、ゴールドドリームとストロングバローズの強さはケタ違いだった。

特にゴールドドリームは脚質の幅もみせたし、追い出してからの反応も良いので、今後のダート重賞も期待したい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。