金スマで放送した血管若返りの方法は効果ある?3つのポイントは?

この記事は2分で読めます

あなたの血管は大丈夫?

血管内が狭くなると動脈硬化の危険性もあります。

年齢が若くても血管年齢が結構いってる人もいるそうです。

2016年6月3日放送の金スマで血管若返りの方法3つのポイントを紹介していました。

 

スポンサーリンク


加齢による血管の老化は避けられませんが、劣化を防ぐことは可能です。

若いときの血管は弾力があり血管内の直径も広いが、老化すると血管が固くなり血管内もプラークができて狭くなってきます。

短期間でも改善可能ですが、毎日の継続が大事です。是非、挑戦してみてはいかがでしょうか!?

 

血管の若返り方法3つのポイント!

 

血管の若返り方法を教えてくれるのは、血管の名医、池谷敏郎先生。著書も50万部越えのベストセラーしているほど注目されています。



ポイントは3つ!

ゾンビ体操、特製朝ジュース、なんちゃって糖質制限です。

では、詳しくみていきましょう。

 

ゾンビ体操

 

姿勢を正して立ち、力を抜き、手をぶらぶらとさせながら足踏みする。かかとは少し上げる。頭の力も抜き、肩もひねりながらブラブラさせる。

これを1分間やり、その直後30秒は軽くゆっくりと足踏みしてクールダウン。

ここまでが1セットで、1日に3セット行う。

このゾンビ体操の何が良いかというと、血管内に一酸化窒素が増えるということ!

一酸化窒素は血管の若返りに重要な物質です。血流を良くして血管を広げる効果があります。



 

池谷式朝ジュースのレシピ

nin
以下の材料をミキサーで調理して、朝食のかわりに、このジュースを飲みます。

 

ニンジン1/2本(カロチンが血管の壁の酸化を防ぐ)

りんご1/2個(カリウムが血圧を低下させる)

レモン1/3個(ビタミンCが血管を丈夫にする)

しょうが5g(末端の血管を開く)

水50cc

氷2個

アマニ油 小さじ1(EPA)

※アマニ油がなければ、しそ油、えごま油でも代用可能。

 

関連記事:ざわちんがエゴマ油の摂取で得た効果とは?すっぴん画像が衝撃?

 

アマニ油

池谷式朝ジュースのレシピの最大のポイントがアマニ油。

アマニ油は、体内でEPAに変換されるんです。

EPAというのは、血管をしなやかに保つ重要な成分のこと。

血管内皮細胞に取り込まれ動脈硬化を予防効果があります。

EPAは魚に多く含まれているので、魚の調理にはホイル焼きがベスト!EPAを逃さず食べられます。



 

なんちゃって糖質制限

 

食事のとき、「ごはん、麺、パン、いも、フルーツ」をいつもの半分にするだけです。

これにより炭水化物を半分にすることができ、無理なく糖質制限ができます。

ダイエットでもないのに糖質制限?と思うかもしれませんが、完全な制限ではなく、半分は摂取可能ということでダイエット目的ではありません。

 

ポイントは糖質を過剰にとらないこと!!

 

糖質を過剰にとりすぎると、糖が終末糖化産物という物質に変わり血管を傷つけてしまいます。

それを抑えるため糖質を減らすことが重要なんです。
スポンサーリンク


 

3日間の検証結果

 

血管の若返り方法を3日間試してもらった結果、

紫吹淳のマネージャーばぁや(53歳)は血管推定年齢63歳から49歳に

紫吹淳(47歳)は血管推定年齢56歳から28歳に

 

最後に

いかがだったでしょうか?

運動もきつくないし、食事も糖質をとりすぎないようにするだけという簡単なものでした。

これならできるかも!と思った方は是非試してはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。