ダービー2016レース回顧!追込み捨てた川田騎手の好騎乗?

この記事は3分で読めます

マカヒキがダービーを制覇した!

そして川田騎手は初のダービージョッキーとなった!

サトノダイヤモンド落鉄の不運もあったダービーのレース回顧をして振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク


 

3強の時代が始まる

 

超ハイレベルと言われた馬たちが争ったダービーの結果から見てみましょう。

 

1着マカヒキ 2:24.0

2着サトノダイヤモンド 2:24.0

3着ディーマジェスティ 2:24.1

4着エアスピネル  2:24.4

5着リオンディーズ  2:24.5

 

1~3着までの馬が全部ディープインパクト産駒という結果になりました。

 

関連記事:ダービー2016はディープインパクト産駒で決まり?

 

そして4,5着はキングカメハメハ産駒という、まさに今の種牡馬リーディングを反映した結果に驚きです。

 

結局、皐月賞に続きダービーでもエアスピネルとリオンディーズは上位の馬に勝てませんでした。 1~3着までとそれ以下にタイム差以上の大きな実力差を感じる結果となりましたね。

 

3強の馬たちが、今後の競馬でも活躍していくだろうと思わせる、そんなダービーでした。

 

waku
 

レース回顧

スポンサーリンク


レースをスタートから振り返ってみたいと思います。

 

マウントロブソンが出遅れた以外は順調なスタート。

 

予想どおり2マイネルハニーが逃げて6アグネスフォルテが2番手の位置へ17プロフェットが3番手を伺う展開で1コーナーをまわり向こう正面の直線へ。

1
 

マカヒキが中団前のほうにつけたのは意外でした。追い込み一辺倒では勝てないと川田騎手は判断し内枠という有利なポジションを利用して好位置をキープしました。

 

その他、各馬おおむね予想どおりだが、展開のカギを握る12リオンディーズが、やはり皐月賞の暴走を反省して後ろから追走する展開になりました。

 

全体のラップはこんな感じ。

12.6 – 11.1 – 11.9 – 12.1 – 12.3 – 12.9 – 13.1 – 11.8 – 12.0 – 11.6 – 11.0 – 11.6

上がり3F 34.2

 

ペースは、1000m通過が60秒で、ほぼ平均ペースだが、1200m~1400m地点のラップが、 – 12.9 – 13.1 -で、ちょうど向こう正面でスローに落としているので全体的に見るとスローな流れ。

 

先行した馬は、息も入り前の馬には有利な展開に。柴田大知騎手が先行有利な流れをうまく作りましたね。

 

2
徐々にペースUPして3コーナーへ

 

坂を下ったときに柴田大知騎手はちょっとだけペースを上げすぎましたね。

 

そんなペースUPにつられることなく中団にいる3、1、8のダービー上位馬たちは、展開的に絶好のポジション!

 

逆に12リオンのデムーロは、さすがに位置取りが後ろすぎた。中団より前をキープしていたほうが結果的によかったと思います。やっぱり皐月賞であんな乗り方をしてしまったツケがきたと私は思います。心理的に前につけたくないでしょうしね。

 

3
 

ペースUPして、4コーナーへ

 

ここまでに先行集団と差をつめておきたかった後方集団たちだが、先行集団たちは徐々にペースUPして、しかも余力充分という状態だったので、もうこの位置取りで勝負ありというところ。

 

4
 

最後の直線へ

 

マカヒキとディーマジェスティの上がり3Fは33.3 でまったく一緒。位置取り差がでました。

 

5番の武豊ならスムーズに直線抜け出すと読んで後ろについていった点も川田騎手はナイス判断でした。最後ばらけたところをロスなく突いたところもよかったですね。内のマカヒキ、外を追走したサトノの距離ロス差がハナ差となったと思います。もし枠順が逆だったら、サトノが勝っていたと思っています。(落鉄とか関係なしに)

 

リオンディーズはメンバー中、最速33.2の脚を使ったが届かず。折り合いに専念すれば後ろからになり、前に行けば突っ走るし、長距離だと勝ち負けは難しい馬なのかなと感じました。マイルまでの馬かな?

 

 

まとめ

 

マカヒキ、ディーマジェスティ、サトノダイヤモンドの3強は相当強いと思います。

 

マカヒキの川田騎手は無理なく中団の好位置につけたのと、最後の直線での抜け出すコースどりが良かったと思います。

 

いつもどおり、追い込み策でやっていたら確実に負けていたし、最高の騎乗をして、有利な条件を最大限に生かしてダービーを勝ったといえるのではないでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。