ダービー2016過去データ検証!サトノダイヤモンドに不安?

この記事は2分で読めます

sato
クリストフ・ルメール騎手が騎乗する予定のサトノダイヤモンド。

大物感を漂わせて皐月賞1人気となったが、惜しくも3着という結果になってしまいました。

スポンサーリンク


しかし、サトノダイヤモンド陣営は悲観することなく、順調さをアピールしています。

 

元々ダービーを目標に仕上げてきたし、上積みもあり充分巻き返すチャンスありと鼻息が荒い。

 

ルメール騎手も「日本で一番勝ちたいのはダービー」とダービーにかける意気込みはアツイ。

 

サトノダイヤモンドには新馬戦から共に戦ってきたし、気持ちが入るのも当然でしょうね。

 

ルメール騎手は皐月賞3着の敗因を以下のように分析しています。

 

「道中は速いペースで折り合いもスムーズ。ラスト600メートルから動かして行ったけど、ディーマジェスティとマカヒキの上位2頭が脚を使ったのはラスト300メートル。久々でたぶん100%の状態とは言えなかっただろうし、それらを考えればいい競馬。それまでの3戦が楽で、初めて実戦で併せ馬になったけど、いい経験になったと思う」

 

付け加えると、最後の直線でリオンディーズの斜行も多少影響ありましたね。

 

100%万全な状態で力を出し切ったとき、どんなパフォーマンスを見せるのか楽しみです。

 

でも・・・過去データを検証していると気になることが・・・

 

スポンサーリンク


 

 

過去データ検証

 

 

皐月賞で1人気だった馬がダービーで何着だったのかを過去10年のデータから調べてみました。

 

以下、対戦した年、皐月賞で1人気の馬名、皐月賞着順、ダービー人気、ダービー着順

 

2015 サトノクラウン      6着 3人気 3着
2014 トゥザワールド      2着 2人気 5着
2013 ロゴタイプ          1着 2人気 5着
2012 グランデッツァ    5着 4人気 10着
2011 サダムパテック       2着 2人気 7着
2010 ヴィクトワールピサ 1着 1人気 3着
2009 ロジユニヴァース   14着 2人気 1着
2008 マイネルチャールズ 3着 2人気 4着
2007 アドマイヤオーラ    4着 4人気 3着
2006 アドマイヤムーン    4着 3人気 7着

 

ダービーの結果は、1-0-3-6

 

勝ったのはロジユニヴァースだけで、2着すらなしという結果になりました。ダービーでの人気は全部4人気以内と、かなり期待されているにも関わらず、この結果です。

 

皐月賞3着以内の好走した馬が5頭もいたのに、その中ではヴィクトワールピサの3着が1回のみ。あとは、全部4着以下という散々な結果になりました。

 

今年の皐月賞はどうだったのか?

 

勝ったのはディーマジェスティ(8人気)で、このときの1人気は、サトノダイヤモンドでした。

 

サトノダイヤモンドは皐月賞3着と好走はしましたが、過去データからは厳しい結果がでました。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。