ジョブチューン!安楽亭の食べ放題で簡単に元をとる方法は?

この記事は2分で読めます

5月14日放送のジョブチューンで安楽亭を紹介してました!

安い焼肉チェーン店というイメージですが、気にしすぎ君がまた「やばい肉使ってるの?」とか禁断の質問してました。

それはさておき、お得な情報をまとめて紹介します。

スポンサーリンク


 

一番お得なメニューは?

 

bui
 

安楽亭の約130品あるメニューの中でお客様にとって一番お得なのは「牛ハラミ」だと、安楽亭の東京エリアブロック長の塚田氏が教えてくれました。

 

ハラミとは牛の横隔膜でホルモンの一種。カルビよりもカロリーが少ない。

 

牛ハラミを690円で販売しているが実は900円くらいで売りたい商品なんですって。

 

カルビの部位は牛1頭から40Kgくらいとれるが、ハラミは2Kgしかとれないので、かなり貴重な部位なんだとか。

 

そのため牛ハラミは仕入値が高い。

 

それでも牛ハラミを安く販売している理由は、仕入値に上乗せして販売すると他の安い値段のお肉との販売価格の差がついてしまうため調整しているんだって。

 

安楽亭は安さが売りだからね。

 

「赤字覚悟で牛ハラミを販売している」という塚田氏だが、でもしっかり利益とってるんでしょ!と内心思ったりしましたけど、お店側からすれば、確かに牛ハラミの注文がたくさん入るとハラハラしちゃうのかもしれませんね!

 

食べ放題で簡単に元をとる方法

niku
 

3780円で100品以上注文ができる食べ放題コースがあるが、以下の5品を全部頼むだけで3780円を超える。

 

 

・ねぎ塩牛タン (単品だと700円くらい)
・一本中落ちカルビ(単品だと700円くらい)
・やわらか上ロース(単品だと800円くらい)
・厚切りミスジステーキ(単品だと800円くらい)
・韓流サムギョプサル(単品だと800円くらい)

 

安楽亭は、偽装肉とか、やばい肉は一切使っていません。

 

アメリカ産のアンガスビーフを使用しています。

 

アンガス牛は、お肉がやわらかくポピュラーなお肉。

 

衛生面も、しっかりしています。

 

1時間ごとに冷蔵庫の消毒、従業員の3分間手洗い、覆面調査員の抜き打ちチェックなどを実施しているそうです。

 

安楽亭の店内を紹介しているVTRを安楽亭を、利用したことがあるゲストたちが見ているとき、「この店は、すごくきれい!」と驚いてましたけど、どこの安楽亭と比較してたのかな?

 

スポンサーリンク


 

社員がおすすめするお肉の食べ方

 

甘口誰タレにキムチを浸し、そのキムチをお肉にのせて巻いて食べるのが社員に好評らしい。

 

メニューにはないが、マヨネーズくださいと言えば提供している。

 

マヨネーズにコチュジャンを入れて混ぜ、それをサンチュと肉の上にのせてはさむと、めちゃうまいって紹介してました。

 

今度、やってみよう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。