僕のヤバイ妻はゴーンガールをパクった盗作なの?ネタバレあり

この記事は3分で読めます

 

ゴーンガールの盗作疑惑が話題となっているフジテレビドラマ「僕のヤバイ妻」ですが、実際どこまで一致しているのでしょうか?

ゴーンガールのあらすじ(ネタバレ含む)と比較検証してみました。

 

僕のヤバイ妻 キャスト

 

望月幸平(伊藤英明)義両親の遺産を元手に夢だったカフェをオープン

望月真理亜(木村佳乃)望月の妻。資産家の娘で才色兼備

望月香織(遊井亮子)幸平の姉

北里杏南(相武紗季)望月のビジネスパートナーで望月幸平と不倫の関係

相馬誠一郎(佐藤隆太)刑事

矢吹豊(浅香航大)刑事

鯨井有希(キムラ緑子)と和樹(高橋一生)は噂好きの夫婦

横路正道(宮迫博之)興信所を経営。幸平の姉・香織の元夫。

緒方彰吾(眞島秀和)真理亜の大学時代の後輩で画家。真理亜に好意を寄せている?

小暮(佐々木蔵之介)真理亜となにやら関係がありそう?

 

スポンサーリンク

ゴーンガール登場人物

 

ニック・ダン:妹のマーゴ・ダンとバーを共同経営している

エイミー・ダン:ニックの妻

マーゴ・ダン:ニックの妹

アンディ・フィッツジェラルド:ニックの浮気相手

ロンダ・ボニー:刑事

ターナー・ボルト:弁護士。ニックが依頼

 

ゴーン・ガールのあらすじ

 

ニックとエイミー夫妻は一見すると幸せそうに見えるが、ニックはアンディと不倫をしていた。

 

結婚記念日にもかかわらず妹のマーゴと共同経営しているバーで飲んでいた。

 

帰宅すると、エイミーの大量の血痕を残し、妻のエイミーが誘拐されていた。

 

ニックは警察に通報し、ロンダ・ボニー刑事に事情聴取を受ける。

 

夫にも関わらず妻の血液型とかを知らないことを不信に思う刑事。

 

現場検証で、寝室の衣類用の引き出しに、「手がかり1」と書かれた封筒が見つかる。

 

ニックは、「結婚記念日の余興で、宝探しの一部としてエイミーが作ったものだ」と話す。

 

手がかりを追っていくと、そこには暗号らしきものがあった。

 

ニックはメディアにエイミーの捜索を訴えた。

 

しかし、捜索ボランティアの女性ツーショット写真を撮られ、ニックの言動が悪印象だったこともあり「冷酷なサイコパス」という印象を世間に与えてしまう。

 

結婚3年目の時、不況のため夫婦そろって失業していたが、エイミーは両親の財産を分与してもらい、なんとか食いつないでいた。

 

刑事は、エイミーの生命保険が最近、増額されていたことを指摘。

 

さらに、借金やDV暴力があったことが徐々に明らかになる。

 

メディアに「冷酷な夫が犯人なのではないか」と報道され追い詰められる。

 

事件の真相を自力で解決するしかないと判断したニックは、エイミーの残した暗号を解読し、エイミーが、自身に「妻殺害」の濡れ衣を着せようとしているのではないか、と推理する。

 

実はエイミーは生きており、殺されたように見せかけてニックの浮気に対する復讐であった。

 

そして、元恋人のもとにかくまわれていたエイミーは、また偽装し、元恋人に監禁されていた工作を行った。

 

エイミーが失踪当日に、ニックに殺害されたように偽装して不利な証拠はすべて仕掛けたものだった。

 

不倫相手の女とニックがいつまでたっても関係を続けていたことで、復讐のために計画したのだった。

 

エイミーは「デジーに監禁され、彼を殺害してなんとか逃げ延びた」と言い自宅へ戻ってくる。

 

エイミーはメディアをうまく利用し同情を集める。

 

しかし妻を信用していない夫は、彼女を問いただすと、妻は真実を語った。

 

後日、エイミーは殺人と復讐をニックに告白。

 

怒り狂うニックは妻と別れ、嘘を暴きたいと願うが、エイミーはニックの精子バンク使い、妊娠をメディアに告白。

 

メディアを完全に味方につけていたことで、それ以上のことが出来ず、ニックはエイミーと仮面夫婦を続ける。

 

関連記事:僕のヤバイ妻で小園凌央と関口アナムの2世たちの演技は?

 

僕のヤバイ妻がゴーンガールと一致している部分はどこ?

スポンサーリンク


僕のヤバイ妻1話をみた限りだと、ゴーンガールと似ているけど、パクリとまでは言えないような気がします。

 

1話だけ、わざと似させて話題を集めたかったのではないかと思います。

 

一致している部分は、以下のとおり。

 

・夫が不倫していることを妻は気がついている

 

・妻が血痕を残し失踪したように見せかける

 

・夫はメディアに捜索を訴えかける

 

・刑事は夫が犯人なのではないかと疑う

 

大筋で似ているところは、こんな感じです。

 

他に細かい点で、暗号、妻側の両親の財産、監禁というキーワードは一致していますが、ストーリー的には変えているのでパクリとまでは言えないレベルだと思います。

 

ゴーンガール側もこの程度の内容では訴えられないかと思います。
僕のヤバイ妻2話で、早々に妻の偽装工作がばれる展開となるようなので、ストーリーはゴーンガールと別の展開をみせていくと思われます。

 

もし、今後の展開で妻が妊娠して仮面夫婦を続けるというオチになった場合は、パクリと認定されても仕方がないでしょうね。

 

2話以降にどのような変化があるのか注目してドラマを見ようと思います。

 

関連記事:僕のヤバイ妻2話のあらすじと感想ネタバレ!宮迫の演技が微妙?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。