藤田菜七子が落馬したけど大丈夫?次レースの影響や容態は?

この記事は2分で読めます

藤田菜七子騎手にとって初めての東京競馬場であったが、23日の1Rで落馬して負傷し、その後の騎乗予定はすべて乗り代わりとなった。

この前も落馬していたけど、体は大丈夫なのだろうか?

スポンサーリンク


後遺症とかなければよいのだけれども、明日の騎乗はできるのかは日曜の朝に決定する予定とのこと。

現在の容態が気になるところです。

 

騎乗ミスで落馬?

 

23日の東京1R3歳未勝利戦(ダート1400メートル=16頭立て)で、エレナバレーに騎乗した藤田菜七子騎手(18)=美浦・根本厩舎=が3コーナー付近で前を走る馬に接触して落馬、競走中止となった。落馬後は救急車で搬送されたが、精密検査の結果、骨折などはなく、右上腕三頭筋損傷と頭部打撲と診断された。
引用:Yahooニュース

 

藤田菜七子騎手、落馬はこれで2回目となります。

4月13日の船橋競馬10Rでハナリュウセイ(せん5、根本)に騎乗し、スタート直後、ゲートを出たところで、馬がつまずき、その際にバランスを崩して落馬しました。

以前の落馬は馬のせいだったが、今回の落馬は前に走っている馬にぶつけて迷惑をかけてしまったので騎乗ミスとなり、過怠金100,000円を支払う結果となってしまいました。

残念な結果となってしまったけれど、このミスを次のレースに生かしてほしいですね。

ちなみに乗り代わりで5Rに騎乗した石川裕紀人騎手がクビ差の2着にもってきていたので、減量騎手の藤田菜七子騎手なら勝ってたかも!?

スポンサーリンク


 

関連記事:藤田菜七子騎手の初勝利はいつ?歴代女性騎手の成績から予想してみた

 

次レースの影響や容態は?

 

パトロールビデオを見ると、前のめりに落ちたが、馬は藤田菜七子の上にのっからずにすんだので比較的に軽症ですんだようです。

気になる容態ですが、落馬後に自力で歩いていたので、どうやら無事のようです。


後続で走っていた田中勝春騎手は、落馬した藤田菜七子を踏まないように大きく外に方向転換していました。一瞬の判断でしたが、最悪のケースにならずにすんでホッとしたところです。

診断結果は、右上腕三頭筋損傷と頭部打撲と診断されました。

右上腕三頭筋はこの部分です。

 

yy
 

筋肉の断裂ではなく損傷なので重症ではなさそうです。でも、痛みは相当あるはずなので、日曜日の騎乗は難しいのではないかと思います。

もし、無理して明日騎乗しても100%の力は発揮できないと思います。

どうか無理をせず治療に専念してほしいと願うばかりです。

 

関連記事:藤田菜七子の身長はまだ伸びる?模擬レースの競馬動画で腕前を確認

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。