僕のヤバイ妻で小園凌央と関口アナムの2世たちの演技は?

この記事は3分で読めます

fff
2016年4月19日放送開始の新ドラマ「僕のヤバイ妻」が面白そうなのでちょっと期待してます。

犯人は誰なのか?とか気になるところですけど、ほかにも2世たちの出演が話題になってますね。

ドラマのキャストやあらすじ、2世たちの演技や役どころなどを紹介します。

 

 

スポンサーリンク

小園凌央プロフィール

 

小園凌央(こぞの りょう)

生年月日:1995年9月9日

出身:東京都

所属事務所:A-team

タレントのヒロミと松本伊代の息子で長男。

成城大学に通う現役大学生なんだって。

伊代ちゃんがお母さんか~。親を見て自分はしっかりしないと駄目だと思ったはず!

成城大学に進学できたのも伊代ちゃんのおかげなのではないかと思います。

主演の伊藤英明さんと同じ事務所A-team所属です。

初ドラマで大変でしょうけど、先輩が主演で、ちょっと気合が入りますね。

いつか成功して主演できる日が来るといいですね。

 

 

関口アナム プロフィール

 

生年月日: 1988年9月17日

出身地:東京都

所属事務所:BOX CORPRATION

 

アナムは「あなん」と読むそうです。

竹下景子の次男。父は写真家・関口照生氏。

武蔵野美術大学造形学部映像学科を卒業後、親に強制的に留学させられそうになり嫌でプチ家出するも、結局イギリス・ロンドンに2年ほど留学することになる。

小園凌央くんよりも多少演技経験が多いですが、まだ新人です。

相武紗季さんと同じ事務所BOX CORPRATION所属です。

こちらも事務所先輩が出演ですか。偶然なのか、事務所の力なのか、現実世界もミステリーがいっぱいです。

 

関連記事:僕のヤバイ妻2話のあらすじと感想ネタバレ!宮迫の演技が微妙?

 

 

ドラマ「僕のヤバイ妻」

 

 

キャスト

 

望月幸平(伊藤英明)義両親の遺産を元手に夢だったカフェをオープン

真理亜(木村佳乃)望月の妻。資産家の娘で才色兼備

北里杏南(相武紗季)望月のビジネスパートナーで愛人

相馬誠一郎(佐藤隆太)刑事

矢吹豊(浅香航大)刑事

鯨井有希(キムラ緑子)と和樹(高橋一生)は噂好きの夫婦

横路正道(宮迫博之)興信所を経営

緒方彰吾(眞島秀和)事件当夜にいた不審な男。真理亜に好意を寄せている?

小暮(佐々木蔵之介)真理亜となにやら関係がありそう?

 

あらすじ

 

望月幸平は妻(真理亜)への愛情はなく愛人の北里杏南と不倫をしていた。

妻のことが邪魔になった望月は、北里にそそのかされて妻の殺害を企てる。

しかし、殺害する前に、「2億円用意しろ。警察に連絡したら妻を殺す N31」という犯人のメッセージを残し、妻は何者かに誘拐されてしまう。

望月は警察へ通報したため、犯人は報復として妻を殺害したと一方的に通告する。

内心ラッキーと思っていた望月だったが、夫婦間で金の貸し借りがあったことなどから、刑事は幸平に疑いの目を向け始める。

 

スポンサーリンク


 

小園凌央と関口アナムの役どころ

 

2人ともドラマでは、望月幸平(伊藤英明)が経営するカフェの従業員役を演じます。

関口アナムは、北里杏南(相武紗季)に想いを寄せるカフェ従業員(熊谷司)という役どころ。

小園凌央(藤原龍太役)は特に設定もなく普通のカフェ従業員役です。

ちょい役で終わるのか、2話以降もどこかで出演シーンがあるのかは、いまのところ不明です。

<追記>

3話と4話でカフェ従業員として、少しだけ出演シーンがありました。

小園凌央は、ちょっと存在感が薄いかなと感じましたが、演技は可もなく不可もなく普通でした。

2人が並んでいると、関口アナムのほうに目が行くかな。

どっちかといえば、関口アナムのほうが印象に残る気がします。

特に演技がうまかったというわけではないのですが、雰囲気を持ってますね。

 

感想

小園凌央と関口アナムの2世たちの演技についての感想です。

 

2人ともカフェの従業員役で本当にちょい役でした。

 

演技の評価もできないほどの一瞬だけの出演で、まあ扱いとしてはこんなものかというかんじでした。

 

過去作品から演技について判断すると、関口アナムは、「火村英生の推理 アナザーストーリー」で出演シーンは少なかったのですが、ネットの評判は悪くない感じでした。

 

ただ、小園凌央は出演シーンが少なく判断ができませんでした。

 

関連記事:僕のヤバイ妻はゴーンガールをパクった盗作なの?ネタバレあり

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。