二階堂ふみが映画に出演予定の作品や共演者は?あらすじは?

この記事は3分で読めます

reg
バラエティー番組「ゴチになります!17」にすっかり馴染んできた二階堂ふみ。

 

相変わらず映画オファーが絶えず、女優として輝き続けていますが、気になる今後の出演予定などを調べてみました。

 

スポンサーリンク

二階堂ふみプロフィール

 

二階堂ふみ(にかいどう ふみ)
生年月日:1994年9月21日(21歳)
出身地:沖縄県
血液型:O型
身長:157cm
職業:女優、ファッションモデル
主な受賞歴:
・ヴェネツィア国際映画祭「マルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人賞)」
・「第38回日本アカデミー賞」優秀主演女優賞
・「第56回ブルーリボン賞」助演女優賞」
他、多数の賞を受賞しています。

 

なんとも、すごい賞ばかりです。演技力の高さが証明されてますね。
経歴:
今や女優というイメージが定着しつつある二階堂ふみですが、元々は雑誌『ニコラ』の専属モデルをやっていました。

 

初めて映画に出演したのが、2009年公開の『ガマの油』で、宮﨑あおいに似ている新人がいると話題になりました。

 

映画の初主演となったのが、『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』。

 

すごいタイトルですけど、この映画で演技を評価されて注目されるようになります。

 

映画の出演をメインとして活動して、いろんな賞もとってきた二階堂ふみですが、テレビにあまり出演していないせいか知名度が上がらないことを気にして、バラエティー番組『ぐるぐるナインティナイン』の人気コーナー「グルメチキンレース・ゴチになります!」パート17のレギュラーメンバーになりました。
これまで出演した映画主な作品:
『ヒミズ』
『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』
『地獄でなぜ悪い』
『四十九日のレシピ』
『私の男』

 

 

2016年出演予定の映画

 

オオカミ少女と黒王子 (2016年5月28日公開予定)

 

 

・共演者

 

山﨑賢人と二階堂ふみがダブル主演

鈴木伸之
門脇麦
横浜流星
池田エライザ
玉城ティナ
吉沢亮
菜々緒

 

・あらすじ

 

高校1年の篠原エリカ(二階堂ふみ)は、恋愛経験もないのに見栄を張り、架空の彼氏との恋愛話を語るが、友達に怪しまれ始めて嘘も限界になってきた。

 

なんとかしようと、その場しのぎで、街で見かけたイケメン(山﨑賢人)を盗撮して自分の彼氏だと嘘をつく。

 

だが、なんとその彼は同じ学校に通う佐田恭也(山﨑賢人)だったので、嘘がすぐにばれてしまう状態に大ピンチ。

 

見た目が優しそうで王子様のようなので、話せば彼氏のフリをしてくれるかもと甘い期待をもつが・・・

 

実は腹黒ドS男子で絶対服従の日々が始まる。

 


ふきげんな過去(2016年6月25日公開予定)

 

・共演者

小泉今日子と二階堂ふみがダブル主演

高良 健吾
板尾 創路
黒川 芽以

 

スポンサーリンク


 

・あらすじ

東京・北品川の食堂で暮らす女子高生・果子(二階堂ふみ)の前に、18年前に死んだはずの“叔母”未来子(小泉今日子)がひょっこり現れる。

未来子は、ある事件を起こし前科者になっており、しかも戸籍すら手放していた。

そんな叔母の存在に苛立ちを隠せない果子だったが、「未来子が本当の母」だと告げられたことで、退屈だった夏のひと時を特別な時間に変えていく。

 


SCOOP!(2016年10月1日公開予定)

 

・共演者

福山雅治(主演)
二階堂ふみ(「SCOOP!」編集部の新人記者・行川野火役)
吉田羊
滝藤賢一
リリー・フランキー

sgh
 

・あらすじ
都城静(福山雅治)は、写真週刊誌「SCOOP!」編集部に在籍していた頃は、芸能スキャンダルから社会事件まで様々なスクープをとりまくっていた腕利き写真週刊誌カメラマンだったが、今や落ちぶれた中年カメラマン。

ギャンブルにはまり借金生活している。

かつて数々の伝説的スクープをモノにしてきたが、現在は芸能スキャンダルを中心に追うパパラッチ。

そんな彼が、写真週刊誌「SCOOP!」の新人記者(二階堂ふみ)とタッグを組む中で、スクープを獲得していき、次第に大きな事件を追う事になる……。

 

 

 

何者(2016年10月15日公開予定)

yui
 

・共演者

 

二宮拓人 – 佐藤健(主演)
田名部瑞月 – 有村架純
小早川里香 – 二階堂ふみ
神谷光太郎 – 菅田将暉
宮本隆良 – 岡田将生
サワ先輩 – 山田孝之

 

 

・あらすじ

 

原作は朝井リョウの小説。

「御山大学」という架空の大学へ通う大学生5人の物語。

二宮(佐藤健)は、演劇を諦めて就職活動をすることになる。

二宮は、就活で辛いことが2つあると語る。

「誰かから拒絶される体験を何度も繰り返す」ことと「そんなにたいしたものではない自分を、たいしたもののように話し続けなくてはならないこと」の2つだという。

小早川(二階堂ふみ)と宮本(岡田将生)は同棲している。

田名部(有村架純)は神谷(菅田将暉)の元彼女で、小早川と田名部は友人。

表面的に仲よくするが互いに心の内を見せずに就職活動を臨む様を通して、就職活動・人間関係・若者の「何かになる」ことを描く。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。