FNSで小嶋陽菜が先輩から上履きもらい履いて嗅ぐと告白

この記事は1分で読めます

capture-20160328-225116
3月28日にFNSうたの春まつり2016が放送された。

卒業式に聴きたい曲などが紹介された。

 

スポンサーリンク


トーク中に、卒業式の話になり、小嶋陽菜が仰天告白をしていた。

 

 

司会の渡部が「先輩、第2ボタンください、とか、ああいうの、今はどうなんでしょうかね?」と、小嶋陽菜こと、こじはるに話をふると、「中学のときに、いちばんイケメンの先輩がいて、みんな卒業のボタンとかもらいにいって、私も遅れて行って、なんか欲しいな~とねだると、何もなくて、上履きをもらった」と仰天告白した。

 

何もないから、仕方なく先輩から上履きをGETした、こじはる。

やっぱり、イケメン大好きなんですね。

くさい上履きでも欲しい!(ただしイケメンに限るってか!)

 

スポンサーリンク


 

他のAKB48メンバーから「ひえ~」と悲鳴があがった。

渡部が「それもらって、うれしかったの?」と聞くと、「いや、なんかわからないけど、家に持って帰った」とあっけらかんと話した。

玄関に置くのも、なんか違うと思い、自分の部屋に飾ったんだって。

飾ってみたけれど、なんか違うな~と思い、上履きを履いてみたら、大きすぎてはけなかったと話し、一同爆笑!

 

渡部も「履いてかいだんかい~」とつっこんだ。

さらに「1回くらい、かいだ?」とつっこむと、「かぎました(赤面)」と恥ずかしさのあまり顔を覆うこじはるが何か可愛い!

「履いて嗅いだのか、かいで履いたのか?」と、どうでもいいつっこみをしていた。

一方、松井珠理奈は中学の卒業のとき第2ボタンを5個もらったと自慢した。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。