重版出来のドラマで黒木華が主人公に?あらすじとネタバレは?

この記事は2分で読めます

ドラマ「重版出来!」の放送が決定しました。原作は漫画ということで、あらすじとネタバレやドラマのキャストなどを紹介したいと思います。

 

電子書籍で読む人が増えてきて、本が売れなくなってきていると言われています。

そんな暗い話題の出版業界に活をいれるべく、出版業界について描かれた漫画が「重版出来!」です。

スポンサーリンク

ドラマ「重版出来!」主人公の黒沢心役に黒木華

 

関連記事:黒木華の主演映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」あらすじと出演者

 

どんなドラマなのか?

原作が松田奈緒子さんの漫画「重版出来!」(小学館「月刊!スピリッツ」連載中)です。

出版業界の裏方で働く人たちをテーマにした作品となっています。

ちなみに、デキじゃなくて、重版出来(じゅうはんしゅったい)と読みます。

原作に忠実に再現するのか、ドラマ用に変更していくのかは、いまのところ未定です。

 

キャスト

kurokiharu

黒沢心 役:黒木華

和田編集長 役:松重豊

五百旗頭(いおきべ)役:オダギリジョー

小泉純 役:坂口健太郎

壬生平太 役:荒川良々

 

相関図

juuhan

引用:ドラマ「重版出来!」の相関図

 

スタッフ

プロデューサー:東仲恵吾
(ドラマ『安堂ロイド』や『ATARU』など)

脚本:野木亜紀子
(ドラマ『空飛ぶ広報室』映画『図書館戦争』など)

演出:土井裕泰
(ドラマ『コウノドリ』『空飛ぶ広報室』、映画『ビリギャル』など)

ドラマ主題歌:未定

 

ドラマの放送日

2016年4月よりTBSにて毎週火曜22時~放送

火曜ドラマ「ダメな私に恋してください」の放送枠ですね。

 

原作まんが「重版出来!」あらすじとネタバレ

 

重版出来(じゅうはんしゅったい)とは

本を売り切ったあとさらに刷ることを「重版」と呼ぶ。「増刷・重刷」とほぼ同義。

重版が出来てその書籍が販売されることを「重版出来」と呼ぶ。

 

原作まんが「重版出来!」登場人物の特徴

ドラマに関連しそうな『週刊バイブス』で働く登場人物の特徴なども紹介しておく。

黒沢心は、柔道家の心・精力善用・自他共栄をモットーに生きる芯の強い子。常に全力!前向き、ポジティブ!

和田編集長は、熱烈な阪神ファンでギャンブル好き。面接とか超テキトー。

五百旗頭(いおきべ)は、編集部員のクールな先輩。黒沢心に色んなことを教える教育係。

小泉純は、営業だが、仕事を好きになれない冷めた男。

壬生平太は、黒沢心の先輩だが、食べてばかりで、よくちょっかいをだす。

 

原作まんが「重版出来!」あらすじとネタバレ

スポンサーリンク


黒沢心は、大学で柔道部に入り、現在、就職活動をしている。

実は、柔道の全日本ジュニアで優勝するほどの腕前をもつ。

オリンピックを目指していたが、けがの影響で断念する。

目標を見失ったが、自分は何がしたのか、何ができるのかを考え、漫画に関わる仕事がしたいと、出版社の道を選ぶ。

出版社の面接に行き、難関といわれている筆記試験を100点満点をとり最終面接に残る。

社長は清掃員になりすまし、面接の様子を伺う。

剣道7段の社長は黒沢心のたたずまいを見て直感する。

こいつは、できる!と。

その直感を試したくなった社長はモップで面をねらうも、黒沢心に背負い投げで、投げ飛ばされる。

落ちたかと思ったが、体軸にぶれがなく武運をもっていると、社長が気に入り見事合格。

『週刊バイブス』に配属となる。

その後は、黒沢心の奮闘する姿が描かれている。

いわゆる恋愛系の話ではなく、結構、骨太な漫画です。

出版業界に関わる人たちにスポットをあてストーリーが展開していく。

 

最後に

原作漫画では、編集部と営業の間で部数決定会議のやり取りとか、漫画家や書店との関わり合い、仕事とどのように向き合っていくかなど描かれており、この業界のことが見れておもしろかったです。

はたして、ドラマで、さらにおもしろく描けるか?というところでしょうね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。