金スマでディーンフジオカが妻へプロポーズした言葉は何?妹もいる?

この記事は3分で読めます

fujioka4
 

2016年1月29日放送の「金曜日のスマたちへ」で、ディーン・フジオカの名前の由来、妻へプロポーズした言葉、デビューのきっかけなど興味深い話が聞けました。

スポンサーリンク

ディーンフジオカのプロフィール

 

DEAN FUJIOKA(ディーンフジオカ)、1980年8月19日生まれ。本名 藤岡 竜雄。福島県生まれで千葉県育ち。

引用:DEAN FUJIOKA Offical Site

 

ディーンフジオカ中学生の写真

 

モデル、俳優、映画監督、ミュージシャンと多才。

日本語、北京語、英語、インドネシア語、広東語を操るマルチリンガル。

逆輸入俳優と呼ばれている。

父は、中国生まれの日本人で、IT関連会社勤務、母はピアノの先生。

4人兄弟の長男。妹は、元チェキッ娘の藤岡麻美。

fujioka2

引用:藤岡麻美ブログ

 

 

ディーンフジオカのカッコイイ人生

 

ディーンフジオカの名前の由来

 

1997年(17歳)のとき、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに応募。といっても本人が応募したわけではなく、妹が勝手に応募したそうです。

 

ディーン・フジオカ17歳の写真

 

そして見事に最終選考の6人に残ったが、他にやりたいことがあったので、芸能界への誘いを断った。

 

ここは、ターニングポイントでしたね。芸能界へ入ることもできたが、自分の本当にやりたいことを優先したということ。

 

17歳で芸能界入りのチャンスがあったらグラっときちゃいそうですけど、かなり強い意志を持った方なんですね。

 

ビル・ゲイツやジョブズのようなトップにあこがれていた藤岡少年は、シアトルへ留学する。

 

留学中お世話になっていたホストファミリーの父から「ディーン」という愛称で呼ばれていた。

 

ディーン・フジオカの名前の由来はここからついた名前だったんですね。

 

スカウトからデビューへのきっかけ

 

IT学科を専攻しながら、夜はバンド活動などをして将来はIT会社の設立を夢みていたそうです。

しかし、同時多発テロなどの影響でアメリカ定住を断念し、23歳のとき、バックパッカーとしてアジアへ旅立ちます。

北京~ベトナム~カンボジア~タイを3ヶ月かけて周ったという。

 

あんなにやさしい顔をしているのに、ずいぶんとワイルドですね。

 

香港ワンチャイのクラブでラップを披露したとき、たまたま見ていたファッション誌の編集長からモデルのスカウト。

お金に困っていたこともあり、モデルを引き受ける。

DEAN FUJIOKAと名乗り海外デビュー。

 

 

これがスカウトからデビューへのきっかけだ!

 

スポンサーリンク


 

次第に演技について興味をもつ。2005年「8月の物語」の主演に抜擢される。

台湾版「花より男子」をプロデュースしたアンジー・チャイがこの映画を見て気に入り、台湾に呼び込んだみたいですね。

台湾TVドラマ『ホントの恋の見つけかた』で恋のライバルを好演し、台湾で大人気になっちゃいます。

 

妻との出会い、プロポーズの言葉とは

 

人気が急上昇して街にでずらくなり思い悩み、一旦全部の仕事をSTOPし、2008年に恋人のいるインドネシアへ行くことに。

 

その恋人が台湾で出会った今の嫁。インドネシア人です。

 

DJ Sumoと一緒に音楽活動をすることに「My Dimension」を作詞・作曲。PVではボクシング姿も披露。

番組では、ドラム、エレキ、ギター、ピアノ、ボイスパーカッションを披露してくれました。

 

あまりにも、さらりとやるものですから、苦労している姿とか想像できません!そこが、彼の魅力でもあります!

 

番組では、椎名林檎「丸の内サディスティック」をギターを弾きながら歌ってくれました。

 

何をやってもサマになりますね。

 

現在の事務所アミューズの誘いを受けるが一旦断った。その理由は、中華圏からハリウッド進出を見据えていたからだという。

でも台湾に住みながらでもいいからという理由で、映画「セデック・バレ」(2010年)へ出演。

2012年に映画『I am Ichihashi 〜逮捕されるまで〜』にて初監督・主演 を務める。ああ、この人がディーンフジオカだったんだ、と今更気がつく。完全にノーマークでした。

 

台湾から日本へ発つ瞬間、玄関先で「結婚しよう」とプロポーズ。2013年に結婚。双子に恵まれる。

普通の人が玄関でプロポーズしたら、聞かなかったことにスルーされそうだけど、ディーンフジオカだから許されるんでしょうね。たぶん。

 

「彼女といれば世界中どこにいても自分のハートが帰れるホームになると思い結婚しました。」と語っている。

NHK連続テレビ小説「あさが来た」で五代友厚役を演じ人気に。五代ロスなる言葉も生まれました。これは流行語候補ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。