野々村竜太郎の不正が発覚したきっかけは?詐欺罪確定ならどうなる?

この記事は2分で読めます

nonomura
元兵庫県議の野々村竜太郎の不正発覚で詐欺罪確定となるのだろうか?

スポンサーリンク

野々村竜太郎被告の不正が発覚したきっかけは?

 

野々村被告がやっちゃった不正疑惑

 

・城崎温泉や東京などに344回にわたって日帰り出張をしたと報告しているが、実際は行っていない

・特急で日帰りした日は大雨で関連ルートの線がほぼ「運休」していたのに、出張したことになっている

・はがき、切手代として利用したと報告しているが、実際は商品券を購入していた

・クレジットカードの利用明細書の不正工作(太字で17万利用に)

kurejitto

以上、総額約913万円。ばれないと思ったところがすごい。逆に、わざと目立つようにしているとしか思えん。

 

不正が発覚したきっかけは?

 

 

兵庫県会議員は6月末に政務活動費の支出報告書を一般公開することになっているが、野々村議員の報告が不透明なことに新聞記者らが気がつき、2014年7月2日にあの号泣会見を開いた。

注目を集めすぎて、掘り下げていったら、たくさんボロが出てきた。

 

その後、市民オンブズマン兵庫、市民オンブズ西宮、市民オンブズが2014年7月25日に野々村竜太郎被告を告発した。

 

3年も、ばれなかったから、余裕でいけちゃうと勘違いしたのかな? 年々、不正利用額がUPしているし・・

 

野々村竜太郎被告は詐欺罪確定したらどうなる?

スポンサーリンク

野々村竜太郎被告は、うその報告などで、政務活動費910万円余りをだまし取ったとして、詐欺・虚偽有印公文書作成・同行使罪の罪で在宅起訴されましたが、去年11月の初公判を欠席したため、身柄を拘束され強制的に出廷させられました。

 

そして、1月26日に神戸地方裁判所で初公判が行われました。


 

検察側は冒頭陳述で「商品券のレシートの単価や数量を修正テープで改竄(かいざん)して虚偽の証明書を作成したりした」と主張。

弁護側は、取り調べ時点で野々村被告の判断能力が低下していたと主張した。

野々村竜太郎被告は、「政務活動費を受け取ったことは間違いありませんが、虚偽の申請をして返還を免れたことは決してありません」と述べた。

また、「結果として記載を誤ったものがあるかもしれないが、どのように作成したか記憶がない」と述べ、詐欺罪の故意性を否定。

nigenai

刑法第246条に「人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。」とあります。詐欺罪は、思っている以上に罪が重いんですね。

ただ、詐欺罪を立証するのは難しいと言われています。それは、「欺罔(ぎもう)→錯誤→交付行為→財産の移転」という流れを証明しなければならないためです。

犯人が騙すつもりで被害者を騙した(欺罔行為)のかという点がポイントになってくると思われます。「騙すつもりはなかった」とか「判断能力が低下してた」など、ごまかせるからです。

あと、2ヶ月くらいで判決が下されることになるかと思われます。どんな判決がでるのでしょうか。注目したいですね。

不正だけではなく、カツラであることも発覚しちゃいましたね。まったく、どこまで話題を提供してくれるんだよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 4月11日