アメトークの内容ネタバレ!飛行機に乗らないでマイルを貯める方法

この記事は3分で読めます

hikouki
2016年1月21日放送のアメトーークは、第2回ピンポイントアカデミー大賞でした。

ケンコバが「マイレージ生活のススメ」をプレゼンして見事優勝したその内容とは?

スポンサーリンク

出演者とプレゼン題名

ケンドーコバヤシ「マイレージ生活のススメ」

アンジャッシュ渡部「正しいゾンビの対処法」

なだぎ武「ダムのすばらしさ」

パンクブーブー佐藤「プラモデルの魅力」

ロッチ中岡「ズワイガニの殻むきテクニック」

ゲスト審査員は小島瑠璃子

 

飛行機に乗らないでマイルを貯める方法

いつもふざけるケンコバが今回まじめにプレゼンするので、めずらしく緊張していることを宮迫に暴露される。

誰かに役に立つことをプレゼンするのは初めてのケンコバ。

通常、マイルを貯めるには、飛行機に乗って貯めるものですが、飛行機に乗らなくても普通の生活をしているだけでマイルを貯め海外旅行に行く方法があるという。

どんな内容なのか・・・

 

マイレージ、マイルとは?

マイレージとは、航空会社が実施しているポイントプログラム。「マイル」はそのポイントの単位のことです。

飛行機に乗るとマイルがたまり航空券や商品券などと引き換えができるサービス。

 

マイルの種類は3つ

マイルは3種類のアライアンスに分かれています。

(アライアンスとは、複数の異業種企業が互いの利益のために協力しあうこと)

 
  • ANAマイレージクラブ→スターアライアンス
  • JALマイレージバンク→ワンワールドアライアンス
  • デルタ・スカイマイル→スカイチーム
この3種類のマイルを上手にためていくこと。

 

スポンサーリンク


 

提携しているお店で利用すれば効率よくマイルがたまる

 

それぞれの航空会社で提携されたクレジットカードがあります。提携しているお店でクレジットを利用すれば、どんどんマイルがたまります。

 

スターバックスコーヒーならANAマイル、ビックカメラならJALマイルがたまります。タクシー会社ごとに提携クレジットが違うので、3つのカードから選んで使い分けているというケンコバ。

 

ケンコバの新人マネージャーがポイントのつかないタクシーを呼ぶので、困っているそうです。

 

どんだけ貯めるんだよケンコバ!超マメなところがあるんですね。

 

コンビニでもマイルが貯まります。

 
  • ファミリーマート→ファミマTポイント(ANAマイル)
  • ローソン→JMBローソンPontカードVisa(JALマイル)
  • セブンイレブン→セブンカード・プラス(ANAマイル)
TポイントはANAマイルに交換できる。

 

Tポイントカードの使い方がわからない宮迫がおもろい。

 

宮迫「(Tポイントカード)どのタイミングで出すの?」

 

ケンコバ「(手をかざして)ファミマ入るとき、こうやって入っていったらダメですよ!」

 

こちらの番組も面白いですよw

http://smile-tamo.com/1402.html

 

電子マネーうまく利用しよう

 

どのカードを選ぶのがいいのか迷うわ~という方のために、ケンコバが電子マネーをうまく利用することをおすすめしていた。

 

楽天Edyという電子マネー「シャリ~ン」という音が鳴るヤツ。実は、ANAのポイントに紐付けができます。楽天Edyで支払いしてもANAマイルがGETできるということ。

 

WAONという電子マネー「ワオ~ン」という音が鳴るヤツ。実は、JALのポイントに紐付けができます。というように、電子マネーで会計してマイルもGETするという方法です。

 

ケンコバさんはファミリーマートではWAON払いでJALマイルを貯めながらTカードを提示してANAマイルも貯め、ローソンでは楽天Edy払いでANAマイルを貯めて、Pontaカードを提示してJALマイルを貯めているそうです。

 

なんだか、よくわからんけど、すごいなケンコバ。

 

トリプルポイントを使って効率よくためているというケンコバ。これは裏技で説明に時間が掛かるので教えてくれなかった。

 

ケンコバは100万マイルを貯めたと豪語してました。

 

世界5周分に相当するマイルを貯めたので、今オレと結婚したら世界5周できるぞ!とアピールしてました。

 

しかし、パソコンを使えないケンコバは、マイルの使い方がわからないという、まさかのオチ。

 

ケンコバはダイヤモンドメンバーなので有効期限がきてもマイルが消えないんだって。

 

手荷物を受け取るときに、ダイヤモンドメンバーは優先して受け取れるし、入国・出国手続きに専用レーンがある空港もある。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。