マツコ&有吉の怒り新党の内容ネタバレ!かわいい系男子とは?

この記事は3分で読めます

2016年1月20日に「マツコ&有吉の怒り新党」で放送された内容を紹介します。なかなか採血できないときマツコが言った言葉とは?

相談された内容は以下のとおり。

  • 床に置いたかばんを机に置くのは嫌?
  • かわいい系男子
  • こたつの温度設定が極端で大変
  • 採血のとき、童顔のせいで新人と勘違いされプレッシャーをかけてくる患者にイラッとする
  • 母親がレディコミ読んでるのが嫌な娘
スポンサーリンク

床に置いたかばんを机に置くのは嫌?

番組で500人にアンケートしたら、床に置いたかばんを机に置くのが許せない人は63%もいました。

へ~意外に多いですね。わたしなんか、全然平気ですよ。これは、性別によってアンケート結果が変わりそうですね。女性の方のほうが気にするんじゃないでしょうか。

机の上に食べ物を直に置いても食べられるという有吉だが、ペットボトルの回し飲みができないんだって。

がさつそうに見えて、そういうとこはダメなんだ。

他人の唾液系がダメだという有吉

他人のお母さんが作ったお弁当もダメだって。いやいや、唾液とか関係ないじゃん。

有吉が直に置いても食べられることを証明するため、おかしを食べて机の上に置いたあと食べてました。

食べ散らかしたお菓子の”かす”をかき集めて口の中へ入れ、全然平気なところをアピールする有吉に夏目三久アナが苦笑してました!

これ嫌がる夏目三久にわざと見せつけたでしょう?

なんか夏目三久さんって潔癖そうに見えるからね。まあ、実際どうだか知りませんが。

でも、ちょっと気になったので調べてみました。2015年7月8日放送の怒り新党で、「他人の家のバスタオルは嫌」と発言してるけど、これは私も嫌ですね。絶対イヤというわけではないんですが、なんとなくイヤなんですよ。

 

かわいい系男子とは?

かわいい系男子って何?草食系とはまたちょっと違うのか。中性的で、細身で、おしゃれで、かわいくて、メイクもできちゃう男性のことらしい。

おかまっか!と思ったら、女性は好きな部分はあるんだって。おかまのふりした野郎かよ!しゃれたネーミングつけやがって。

マツコが、”篠原ともえ”も”きゃりーぱみゅぱみゅ”みたいな感じだったわよね、とか言ってるの聞いて、確かに言われてみれば同類だな。

最近、篠原ともえが大人っぽくなっていたのでびっくりしたけど、きゃりーぱみゅぱみゅも、しばらくしたら変わるんかな?

番組の相談では、かわいい系男子が嫌ですという内容でしたが、巷ではかわいい系男子が好きという人も結構いて人気があるみたいです。

スポンサーリンク

こたつの温度設定が極端で大変

従来型のこたつは、熱源が真ん中にだけついているので熱さにムラがあるが、最新型こたつは、フラットタイプになっていて天板の裏がすべてヒーターになっていて満遍なく全体が暖かい。

温度設定が極端なのは、古いタイプのこたつですね。

今、個人用のこたつとかもあるみたいですね。

例えば、「デスクワークにぴったりのパーソナルこたつ」19900円。こたつがデスクみたいに高さがあり、椅子に座って作業もできちゃう。これいいな~。エアコンとかストーブなどの暖房器具を停めても、これだけで冬越せるんじゃないか。雪国じゃなければだけど。

有吉とマツコに好評だったのが、フロアコーナーソファ ユフィ(Dタイプ)47600円。

こたつの周りをソファーで埋め尽くしているので、寝転んだりすることもできる。でも、これ場所とるな。広い部屋じゃないと置けないでしょう。

 

採血のとき、童顔のせいで新人と勘違いされプレッシャーをかけてくる患者にイラッとする

こんな悩みをもった看護師からの相談がありましたが、採血について思い出したマツコが体験談を語ってくれました。

マツコは採血のとき、血管が見つからず、40分掛かるらしい。でも怒ることもなく、次のデブが痛いおもいをしないように私を使って実験しなさいと看護師を励ましたんだって。

マツコは、すぐキレるというイメージがありましたけど、こんな一面もあるんですね。ちょっと意外でした。

そんな方にも朗報があった。最新の採血方法に、針を使わないで採血する方法がある。(日本にはまだない)器具を体に貼り付けるだけで真空状態を作り毛細血管から採血するんだって。痛みもほとんどない。

 

母親がレディコミ読んでるのが嫌な娘

近年のレディコミでは、いろいろなジャンルがあるみたいです。思春期の娘からすれば、母親には読んでほしくないのか。

「まんがグリム童話 金瓶梅」は累計約90万部の人気シリーズなんですって。

 

次回は

次回、2016年1月27日に放送されるテーマは、「開けにくいフタ問題」についてです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。