路面凍結しても滑らない靴を購入したくないが雪対策したいならこれ

この記事は2分で読めます

雪国に住んでるわけでもないので、雪道でも滑らない靴を購入するのをためらっていたのですが、年に数回ある路面凍結があり、滑り止めの対策はしたいと思っていました

というのも、つい先日の関東地方で降った大雪ですよ!交通機関も乱れて影響を受けた方も多かったのではないでしょうか

雪が積もって固まると、滑ってヒヤッとした経験がよくあって、なんとか対策をとらねばと思ってました。

スポンサーリンク


歩道の路面凍結で滑らない歩き方

小さな歩幅でゆっくり歩くペンギン歩きがベストです。いつも通り普通に歩きたくなるところですが、ここは我慢です。

かかとに重心をかけないこと!すべりやすくなるので要注意です。

足は垂直におろし、足裏全体で着地するイメージで歩きましょう。つま先に重心をかけて歩くと、かかとからの着地がなくなり、すべりにくくなります。

目線は足元をみながら歩くこと!

以上の内容を守れば歩道の路面凍結でも転ぶ確率をだいぶ減らすことができます。でも、まだ完全ではありません。次の項目で転ばない方法、対策をみていきましょう。

 

歩道の路面凍結で転ばない方法、対策

修理屋に頼んで、靴底に滑り止めを張り付けてもらうという方法もありましたが、やっぱり取り外しができるタイプの滑り止めがベストな選択かと思いました。探してみると、いいものがありました。

「携帯用 突然の雪対策 滑り止め」(780円)

今履いている靴に、滑り止め靴底を装着するタイプで、簡単に取り外し可能です。

スポンサーリンク

おすすめしたいポイントは3つ

・ゴム製なので装着が簡単でピッタリとフィットする

装着サイズさえ間違えなければ、ほとんどの靴にフィットするみたいです。

実際に装着された感想を見ると、装着と取り外しは簡単という声が多かった。

・かかとの低いタイプの靴なら形状や大きさに関係ない

実際に装着された感想を見ると、ピッタリはまったという意見が圧倒的でした。

注意事項に「かかとの低いタイプの靴で使用すること」とありましたが、ブーツやヒールつきでも装着できたという意見もありました。

・値段もお手頃

他社製品と比べて780円は、安い部類に入ります。

全体的にレビュー内容も良い感じでした。

26cmだとMでもLでも問題ないみたいです。

雑貨マニアmarzで買えます
http://item.rakuten.co.jp/marz-shop/apa-s002/

その他、滑り止め対策をした靴を2つ紹介したいと思います。


スノトレ

スノトレとは、降雪地帯で使われている言葉で、スノートレッキングシューズとかスノートレーシューズなどの言葉が一緒になった造語です。デザイン性もよくて雪道でもはけるシューズとなっています。

雪道や路面凍結の場所でも、すべりません!これさえあれば雪道でも安心です。

アシックスやナイキからもスノトレを販売しており、デザイン性のよい滑らない靴を取り揃えています。


North Date ノースデイト

滑らない靴が欲しい!けど、長靴は嫌だ、という人は「North Date ノースデイト」はいかがでしょう?

北海道の靴メーカなので、雪対策はバッチリな靴をそろえています。

雪がめったに降らない地域では、軽視しがちですけど、思わぬ転倒で大けがでもしたら大変です。

関東地方は、今週末から雪の予報です。雪が降ってからでは、遅いので、早めに対策をとっておきましょう!


まとめ

路面凍結した歩道は危険です。まず歩き方に注意すること。滑り止め対策した靴を購入するか、取り外し可能な滑り止め器具を装着した方が良いでしょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。