腸内フローラを改善し活性化させる方法をみんなの家庭の医学で紹介

この記事は2分で読めます

yasai
2016年1月12日に放送した「みんなの家庭の医学」の番組内容を紹介します。

腸内フローラを改善するには食事の摂り方にポイントがあった。

その内容とは?また、腸内フローラを治療で劇的に改善する“便移植”についても解説します。

スポンサーリンク

腸内フローラとは

 

私たちの体の腸にすんでいる腸内細菌の集合体のこと。その数なんと100~1000兆個。腸内で生息しびっしりと腸内に埋め尽くしている様子がまるでお花畑のようなので腸のお花畑という意味で名づけられた。

腸内フローラがなぜ非常に注目されているかというと、便秘、肥満、糖尿、うつ病、アレルギー、がんなど、あらゆる健康面に影響を与えることが近年の研究でわかってきたからなんです。

 

腸内細菌がいっぱい集まっている腸内フローラですが、主に3つの細菌がある。

 

・善玉菌
・悪玉菌
・日和見菌(善玉菌にも悪玉菌にもなる)

 

善玉菌を悪玉菌よりも優位に保つことが理想的な腸内フローラです。

善玉菌と悪玉菌は2:1の割合がよいとされている。

 

 

便移植とは?

 

一般的に、腸内フローラを増やすためにやっていることは、ヨーグルト(乳酸菌)、納豆・キムチ(発酵食品)、果物など(食物繊維)を食べることだが、実は「便移植」という画期的な治療法がある。

便移植とは、健康な人の便を移植する方法です。便移植をすることにより腸内フローラが改善された症例があるという。

健康な人の便を生理食塩水で溶かし不要な固形物を取り除いた液体を患者のおしりから入れるという方法。

治療はすぐに終わり、入院の必要もない。1~2週間ほどで腸内フローラが改善されるという。

ただし、誰の便でもいいというわけでもない。ドナーが必要。

その最先端の治療法に取り組んでいるのが、順天堂医院 消化器内科 助教、石川大先生だ。

ダイエットにも応用がきくか、研究中だという。

 

スポンサーリンク


 

腸内フローラを改善する食事の摂り方のポイント

 

腸内フローラを改善するには、善玉菌のえさと助っ人の両方が必要なんです。

「善玉菌のえさ」とは、善玉菌を育て増やす働きの栄養素(食物繊維、オリゴ糖)

「善玉菌の助っ人」とは、悪玉菌を減らす働きを手伝う細菌のこと(乳酸菌、ビフィズス菌)

 

摂り方のポイント

 

「善玉菌のえさ」は3食必ず摂る

「善玉菌の助っ人」は腸の動きが活発になる夕食に数種類多く摂る

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。