ひな祭りに可愛い手まり寿司を作ろう!簡単レシピ3つ

この記事は1分で読めます

3月3日は、桃の節句。ひな祭り。夕食に可愛い手まり寿司を作ってみてはいかがでしょうか?簡単に作れそうなものを選んでみました。本来は、ちらし寿司なんでしょうけど、可愛い手まり寿司をメニューの1つに加えてみませんか。

また、ひな祭りの由来を調べてみました。参考までにどうぞ。

スポンサーリンク

簡単 手まり寿司 で ひなまつり

temari1

引用:cookpadレシピはこちら

のりで顔をつくっていますね。お雛様かわいいです。

これは、子供も喜びそうですね。

寿司酢は市販のものを買ってくるか、酢飯をこちらのレシピで作ればOK。

和菓子風♡桜の手毬寿司1♡お花見お雛祭り

temari2

引用:cookpadレシピはこちら

桜の花びらが春を感じさせます。ビューティフルです!もう、アートですね!

コロンと可愛い~♪おもてなしのてまり寿司

hinamaturi

引用:楽天レシピ

 

ひな祭りの由来、意味など

ひな祭りは、女の子の健やかな成長や幸せを願う行事です。

ひな祭りの由来を知らなかったので、調べてみました。

スポンサーリンク


現代では、ひな人形を飾りますけど、昔はひな人形を川に流していたそうです。


それは、上巳の節句と呼ばれ、中国から伝わった五節句の一つで、自分の体を撫でて穢れを移し、それを川に流すことで厄払いや邪気祓いを行う風習がありました。


一方、平安時代では、貴族の子どもが、「ひいなあそび」という紙の人形を使ったあそびがあり、異なる2つの風習が重なって「流し雛」が生まれました。


室町時代になると人形が立派になり、流すものから飾るものに変わっていったそうです。


江戸時代に上巳の節句を三月三日と定め、桃の節句が女の子の節句に定められると、さらに華やかさを増してひな壇に人形を飾るようになりました。


女の子が生まれると雛人形を用意して、女の子に災いがこないように!健やかに成長しますように!と願い、お祝いをする風習が広まっていきます。


災いは雛人形が身代わりになってくれるということか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。