スマホ依存を解消するアプリAppDetoxを試してみた!使い方を紹介

この記事は2分で読めます

スマホを使っていて、ついついやり過ぎてしまう、なんてことありませんか?

そんな自分もゲームアプリに熱中して結構やり過ぎてしまい、後で後悔するという経験をしたことがあります。

20~30代の男性会社員200人に「スマホに関するトラブルでどんな経験をしたことがありますか?」というアンケートをとった結果が興味深いです。(協力/アイリサーチ)

1位 肩こりや睡眠不足など、スマホの利用しすぎによる体の不調 14.0%
2位 ゲームアプリなどへの過剰な課金 13.0%
3位 LINE既読スルーなどによる人間関係の悪化 11.5%
4位 SNS上に投稿した内容による人間関係の悪化 8.5%
5位 LINEやFacebookなどを使わなかった結果、人と疎遠になった 7.0%
6位 スマホの紛失による個人情報流出 4.5%
6位 仕事中のSNSやゲームがばれた 4.5%
8位 個人情報を抜き取られるなど、不正アプリによる被害 4.0%
9位 SNS上に投稿した内容の炎上 3.5%
9位 架空請求被害 3.5%

引用:http://r25.yahoo.co.jp/

アンケート結果から、スマホをやり過ぎてしまうというトラブルが多いことがわかる。

スポンサーリンク


よし、自制できないなら、アプリで制限してもらおうじゃないか!ということで、スマホ依存を解消してくれるアプリを探していたら、結構細かいカスタマイズができるAppDetoxを見つけた。(アプリは無料です。)

アンドロイド版のAppDetoxの使い方を説明します。

まずは、Google Playからダウンロードしてインストールしましょう!

1

監視サービスを開始するためにSettingsから設定します。このSettingsは一度設定すると後から設定変更できないので注意が必要。

2

AppDetoxオフをタッチします。

6

OFFマークを押してサービスを開始します。

7

ここまでの設定は、初回だけなので、後は制限したいアプリを選んで制限ルールを決めるだけです。以降は、ここからの操作を繰り返せばOKです。

上部タブを「RULES」に切り替え、右上の「+」をタップしましょう。

9

使用制限をしたいアプリにチェックを入れます。最後に、下にある「Next」へ。

3

ルールは5種類あります。

「Forever」アプリの起動を完全に禁止する

「Some time」前回から一定時間が経過しないと起動できない

「Specific daytimes」特定の時間帯を除いて利用を禁止する

「Number of launches」起動回数を制限する

「Usage time」利用時間に制限を設ける。10 minutes 1 day なら、1日に10分まで、という感じ。

どれか1つを選び Nextへ。

4

設定したら最後にCreateで設定完了です。

Screenshot_2016-01-03-16-29-20

スポンサーリンク


ルール条件にひっかかると「VIOLATIONS」に履歴が残る。

ルールを削除したい場合は、「RULES」タブに登録してあるルールを選んで右上の削除で!

細かいルール設定ができるところが、このアプリの良いところですね。

 

関連記事:スマホの紛失対策をリモート管理で設定する方法Android編

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。