ももクロのゆく桃くる桃カウントダウンライブが紅白よりよかった

この記事は2分で読めます

初のカウントダウンライブ

 

2015年12月31日から翌年1月1日にかけて、ももいろクローバーZが東京の豊洲PITで初のカウントダウンライブを行った。

題して、第1回ゆく桃くる桃「笑顔ある未来」。

第1回とタイトルつけたということは、もう毎年恒例にする気マンマンですね。

ももクロといえば、クリスマスや夏などに毎年恒例のライブをやってますけど、新しく恒例行事が増えましたね。

第1回ゆく桃くる桃のライブがustreamでやってたので無料で見ることができた。

最初は、紅白を見ていたのですが、興味のないアーティストが出てきた瞬間、ustreamに切り替えた。

ustreamは日本から撤退してアメリカに移管しちゃうけど、次の年末はustreamで見ることができないのかな?知ってる人いたらコメントください。

スポンサーリンク

前半のトークショー

 

MCに、土田晃之(欅坂だけじゃないのかよ)。いつも毒舌な土田が、ももクロちゃん達といるときには、すごく楽しそうだったのが印象的でした。

途中見ていなかったので、完全に把握していませんが、武井壮が今年はプロボウリングのライセンスなどをとるとか言ってましたけど、すべてのスポーツをマスターするつもりなんですね。すごい目標です。チャレンジする精神は見習いたいです。

 

阿部真奈(女川さいがいエフエム・パーソナリティー)さんが語った内容もすばらしかったです。被災者が娯楽などで楽しむと非難されることもあり、楽しむことも封印してきた苦悩を語り、そんなときにももクロちゃんが女川に来てくれて皆に光を照らしてくれた。こんな自分でも楽しんでもいいんだと元気をもらえたみたいなことを言ってました。

 

いろんな人たちを笑顔にできるなんて、すばらしいことですよ。

 

トリプルスリーを達成した柳田悠岐選手と有安杏果の対談とかもありましたけど、CONTRADICTIONという曲の歌詞にある「アクセル べた踏みで行け」をかなり気に入ってましたね。ギータやマー君など一流選手の活力源となるももクロちゃんすごいよ!

 

柳田悠岐選手は有安に2016年目標をトリプルフォーと宣言。

 

スポンサーリンク


 

怒涛のカウントダウンライブ

 

overtureからスタートし、ヒートアップしたモノノフがすごいアツイ!

 

夏菜子「本物のアイドルがすげーもん見せてやるからなー!」

 

ここからカウントダウンするまで、怒涛のセットリストだった。

 

01:ピンキージョーンズ

02:サラバ、愛しき悲しみたちよ

03:CONTRADICTION

04:DNA狂詩曲

05:猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」

06:LinkLink

07:Chai Maxx

08:黒い週末

09:Neo STARGATE

10:今宵、ライブの下で

11:灰とダイヤモンド

12:走れ!

13:コノウタ

14:行くぜっ!怪盗少女

 

エビ反りジャンプで年越し!本当にすごいもん見たって感じでした。気迫を感じてトリハダがたった!本当にこれ無料で見せちゃっていいの?と思うくらいすごい内容でした。

 

その後も、お笑いライブをはさみながら、ライブはつづき、すごい充実した内容だった。

紅白よりも圧倒的にゆく桃くる桃のカウントダウンライブのほうが見ていておもしろかった。

最後のほうで、夏菜子「2015年もよろしく・・」でみんなずっこけるというハプニングとか笑えた。

 

 

見逃した方はこちら

 

この内容の完全版が、1/9(土)の21時よりフジNEXTで放送されます。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。