加湿器の臭いがひどいので酸素系漂白剤につけたらとれた実践メモ

この記事は2分で読めます

 

うちの加湿器は5年くらい使っているけど、臭いがひどくなってきたので掃除しようと思った。

「クエン酸がいいよ」とネットに書いてあったので、試そうと思ったのですが、手元になかったので、別の方法を探していると、加湿器の製品ごとに掃除方法の注意事項があるので1回読んだほうがいい、というアドバイスを見て、確かにそうだよな、と思って説明書を探したけど見つからない。

大抵、説明書はネットにPDFで置いてあるから、検索すると見つかります。説明書には、フィルターは塩素系漂白剤につけて水洗いすればよい、と書いてある。

残念ながら塩素系漂白剤はなかったが、衣類の洗濯用で使う酸素系漂白剤(いい香りつき)があったので、これで代用になるんじゃないかと思い、試してみました。

スポンサーリンク

用意するもの

  • フィルターが入るくらいの大きめの入れ物(なければ100円ショップで)
  • 酸素系漂白剤

 

掃除方法

40度くらいのぬるめのお湯をためて、酸素系漂白剤を少量入れ、その中にフィルターを30分つけおきした。

(水4リットルに対して酸素系漂白剤を10ml入れました。)

その後は、水でよくすすいで完了です。

 

実践結果

完全に臭いがとれた。しかも酸素系漂白剤のいい香り成分が効いて、すごく良い香りがする。

あんなに不快なカビ臭いにおいが、こんなに簡単にとれるなら、もっと早くやっておけばよかった。

でも、今回の実践結果はたまたまよい結果となりましたが、使用する加湿器によっては、取り返しのつかないことになる可能性もあるため、自己責任で試してください。

わたしの加湿器は古かったので、掃除に失敗したら買い換えようと思い、実験的にやってみた次第であります。

 

加湿器は日々のお手入れが大事

スポンサーリンク

加湿器のお手入れで大切なことは、毎日、使用後は水を全部すて乾燥させること!

つい、めんどうなので、水を入れたままにしてしまいますけど、カビはものすごい勢いで増え続けます。

カビの増殖を抑えるためにも、タンクの水を捨てて、フィルター等の器具も全部乾燥させることが重要です。

今度は、クエン酸を使って掃除を試してみようと思います。

今回の掃除は、クエン酸の代用として酸素系漂白剤を使っただけなので、本来であれば、日々のお手入れと合わせて、定期的にクエン酸で掃除するのがベストかと思います。

 

まとめ

カビの臭い対策にクエン酸で掃除するのがベストだが、今回の検証で酸素系漂白剤でも代用できることがわかった。

毎日、器具を乾燥させておくのが大事。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。